アメリカで30年の歴史があるクラフトビール醸造所が1月19日、仙台市の秋保地区にオープンし、訪れた人たちが、早速できたてのビールを味わいました。海外初進出先に秋保を選び移住した創業者の思いに迫りました。

秋保に移住した全米ナンバーワン醸造家

ビールの原料となる大麦を砕きビール作りをしているのは、アメリカ人のロブ・ロブレグリオさんです。ロブさんは2012年に全米ナンバーワン醸造家に選ばれたこともあるビール職人です。

TBC

ブリューマスター ロブ・ロブレグリオさん:
「何年もかかって準備してきたので、今でも夢みたいな感じがします」

TBC

ロブさんは、19日、秋保地区にオープンした「グレートデーンブリューイング」の創業者です。宮城県の職員がアメリカまで足を運んで働きかけたことや水質も良いことから海外初進出先に秋保を選びました。

TBC

ブリューマスターロブ・ロブレグリオさん:
「アメリカの家を売って、ここから5分くらいのところに家を買ったんだけど。それが示すように、個人的にはすごく秋保を気に入っています」

5年がかりでレストランを併設した醸造所が完成。去年12月7日にはビール作りが本格化し、数種類の大麦を釜で煮出す作業をしました。

TBC

ブリューマスター ロブ・ロブレグリオさん:
「これは作った中で一番最初に仕込んだビールです。初めての機械で初めて作ったビールなので心配してたけど、出来上がりはすごく満足しています」

いちからスタート、その苦労は

ロブさんは新調した機械でのビール作りに苦労したといいます。

ブリューマスター ロブ・ロブレグリオさん:
「今回は醸造設備をいちから作って、初めての設備で作るのでやっぱりわからないこともたくさんあるから、非常に難しかったんですけど、とりあえず出来上がった2種類のビールに関しての出来は、すばらしい」

TBC

最初に出来上がったビールは、さわやかな香りでしっかりとした苦みとコクがあり、バランスの良い味わいになりました。

「注目されている」

そして、新しい醸造所を知ってもらおうと立ち上げたクラウドファンディングでは、わずか43時間で目標の500万円に達しました。これには共同経営者の1人、ムラモト シンジさんも驚きました。

TBC

共同経営者 ムラモト シンジさん:
「設定額500万円だったのが43時間で達成して、最終的には1400万円以上集まってほぼ300%くらいご支援いただきました。注目されているんだなと実感しました」

併設するレストランの厨房を任されているムラモトさんは、ビールがすすむつまみに工夫を凝らしています。

ムラモト シンジさん:
「まだ試行錯誤中です。アメリカのブリューパブのメニューをやろうとしたときに、なかなか手に入らない食材もいっぱいあるんですよ。調味料的なものとかも、それをあるもので、どうにか近づける作業がなかなか大変ですね」

TBC

地元の人たちの反応は

オープンを5日後に控えた1月14日、秋保地区の住民を招待し出来立てのビールをお披露目しました。この日訪れたのはおよそ300人、厨房は大忙しで、創業者のロブさんもビールを注ぎます。

TBC

秋保地区の住民:
「どっかに行って飲める場所が秋保には少ないからいいと思います。あとは本当にここで作っているビールがこうやってすぐに飲めるのがいいですよね」
「秋保に、観光のお客さんとかいらっしゃるようになると思うので、すごくいいことだと思います」
「うまいですね、味わいに深さがあるっているか、味わい深い。こういう観光施設ができると街が賑わって嬉しいですね」

ムラモト シンジさん:
「秋保にこんなに人がいたんだなって、びっくりしますね。ありがたいですね、地元の方に応援されている感じがすごくしますね、ありがとうございます」

TBC

ロブさんの願いは

秋保の人たちが喜ぶ顔を見たロブさんも手応えを感じていました。

ブリューマスター ロブ・ロブレグリオさん:
「希望としては日本全国から秋保に来てほしいし、秋保という場所がら(飲んだら車を)運転して帰れないっていうのもあるので、ぜひ温泉にも泊まってほしいし、来た際には缶ビールを色んな種類作るので、日本全国に持ち帰って広めてほしい」

TBC

ロブさんは移住した秋保の地から、日本全国へクラフトビールを発信していきます。