東北電力女川原子力発電所2号機は、安全対策工事が長引き今年5月頃の予定だった再稼働を数カ月程度延長しました。東日本大震災の時、女川原発はなぜ大事故を免れたのか。そして万が一に備え、必要なこととは。大槻記者の報告です。

TBC

女川原発の元作業員 今野寿美雄さん:
「あそこが向こうから1号機2号機3号機で、排気塔のある影の辺に事務所棟があって、そこにいた」

福島市に住む今野寿美雄さん(59)は、2011年3月11日、宮城県の女川原発の敷地内にいました。

TBC

女川原発の元作業員 今野寿美雄さん:
「午後3時に帰る予定だったから、あと15分というところ」

計器のメンテナンスなどを行う作業員として全国各地の原発を渡り歩いていた今野さん。あの日は女川原発での仕事を終え、当時住んでいた福島県浪江町への帰路につくはずでした。事務所で荷物をまとめていた時、すさまじい揺れに襲われます。

女川原発の元作業員 今野寿美雄さん:
「半端じゃなかった。ドーンと来たと思ったらグウグウ揺れる。長いなと思ったら3分以上か。またドーンと下から突き上げてまた揺れて」

TBC

震度6弱の揺れ。女川原発は1号機と3号機が稼働中。2号機は原子炉起動中でした。

高さ13メートルの津波が原発を襲う

女川原発では、地震後全ての原子炉が設計通りに自動停止しました。

TBC

しかし、外部電源の5つの送電線のうち4つが使えなくなったほか、1号機の高圧電源盤から火が出てボヤが発生。また津波による水位上昇で取水口から海水が流入し、8台の非常用ディーゼル発電機のうち2台が使えなくなりました。敷地を襲った津波の高さはおよそ13メートルに達しました。

TBC

女川原発の元作業員 今野寿美雄さん:
「あそこに小島があるじゃん。あれがすっぽり、津波が来るときにのまれちゃったんだよ」

TBC

今野さんも敷地の高台から津波を見ていました。

女川原発の元作業員 今野寿美雄さん:
「ずっとあの水平線の向こうから、ダーッと。先っぽは白波なんだよ。でもその下は黒いんだよ、津波は」

TBC

当時の敷地高は海抜14.8メートル。地震で1メートル地盤沈下したものの、あと80センチのところで津波を防ぎ、原子炉は冷温停止しました。大事故を起こした東京電力福島第一原発とは対照的な結果になりました。その理由は何だったのでしょうか。

設計当初は3メートルの津波を想定

各地の原発を取材してきた経済ジャーナリストの町田徹さんはこう指摘します。

TBC

経済ジャーナリスト 町田徹さん:
「(女川原発と福島第一原発では)最初の段階の基本設計がもう全然安全に対するものの考え方が違っていた」

TBC

実は女川原発1号機の設計当時の津波の予想高は3メートル程度と評価されていました。しかし、東北電力の社内委員会で過去に襲来した津波について調査・検討され、敷地の高さが14.8メートルと決められたのです。

経済ジャーナリスト 町田徹さん:
「人間が自然に対して何とか共存していく努力をしてきている。そういう努力をしている発電所もある。原発なら全部動かしていいということはない、というのがこの十数年取材をしてきて感じること。安全に安全を重ねてやってくれるような事業者ではないと運転させたらいけない」

TBC

ただ、女川原発も危険が全くなかったわけではありません。

もし満潮時に津波が来ていたら…

2011年3月11日の地震発生時刻は、牡鹿半島付近の海が干潮に近い時間帯でした。この日、満潮時と干潮時では90センチ以上の潮位差があり、仮に満潮時に同じ津波が来ていれば敷地に入っていた可能性もありました。

TBC

東北電力原子力部 八重樫武良副部長(当時):【2011年4月】
「13.8メートルのところに13メートルの津波が来ているわけだから、それが極端な話もっと上の2~3メートル高ければ当然(敷地高を)超えるわけで、どんな対策をとっても、それでもというケースも考えるべき」

越流しても大事故につながったとは限りませんが、楽観視するほどの余裕はありませんでした。

TBC

また、女川原発の外では道路の寸断などでいくつもの集落が孤立していました。

鮫浦地区 伊藤敏行区長:
「この辺に逃げたのかな」

TBC

女川原発から数キロの鮫浦地区もそのひとつです。伊藤敏行さんは、震災後しばらくの間「ある場所」で避難生活を送りました。

避難先は女川原発だった

女川原発から数キロの石巻市鮫浦地区の伊藤敏行さん。家族とともに逃げた先は女川原発の体育館でした。受け入れに感謝していますが不安もあったと話します。

TBC

鮫浦地区 伊藤敏行区長:
「だって行くところがないから、行くしかない。でもバスで(原発敷地に)下りて行った時に燃料タンクとかゴロンとひっくり返っていた。うちの息子も原発の衛星電話で『原発に逃げて大丈夫なのか』と。でも行くところないからさ」

TBC

女川原発の体育館には一時、周辺の住民360人以上が避難していました。裏を返せば、それだけの人が遠くには避難はできなかったということです。もしも原発事故が起きていればどうなっていたのか。伊藤さんは今も避難に不安を感じています。

TBC

鮫浦地区 伊藤敏行区長:
「避難道路だろうな。安定ヨウ素剤は配られているから。それを飲んだってずっといられるわけではない」

TBC

避難の課題は、牡鹿と同じ「半島」で起きた能登半島地震でも浮き彫りになりました。こうした中、1月、原子力規制員会の山中伸介委員長が女川原発を視察しました。

原子力に100%の安全はない

1月13日、原子力規制員会の山中伸介委員長が女川原発を視察しました。

TBC

原子力規制委員会 山中伸介委員長:
「原子力に100%の安全はない」

また、住民の孤立に加えて原発事故が起きることも想定しこう言及しました。

原子力規制委員会 山中伸介委員長:
「屋内退避の有効性については考えは変わらないが、ただいつまでも屋内退避が“避難として有効”であるかについては考えなければならない」

TBC

29メートルの防潮堤整備や耐震工事など安全対策工事は大詰めを迎えています。

東北電力 樋口康二郎社長:
「工事については最終盤を迎えているところだが、我々としては安全の実効性の向上にむけてたゆまぬ努力をしていくことは当然」

TBC

「100%の安全」がない以上、万が一に備える、そして将来、原発をどうしていくのか。私たちも考え続ける必要があります。東北電力は、女川原発2号機の再稼働を予定していた今年5月頃から数カ月程度延期すると発表しています。