能登半島地震で被害を受けた石川県に、仙台市教育委員会は被災した中学生の生活指導や学習支援にあたる教職員2人を派遣しました。

TBC

文部科学省からの要請で石川県金沢市に派遣されたのは、仙台市教育委員会の教職員2人です。5日の出発式では、福田洋之教育長が「東日本大震災で全国から受けた支援の恩返しの意味でもこれまでの経験から得た力を発揮してほしい」と激励しました。派遣される2人は、金沢市内の避難所で5日間、石川県珠洲市と能登町から避難している中学生142人を対象に生活指導や社会の授業を行います。

TBC

派遣される仙台市教委教育センター 秋場良紀指導主事:
「子どもたちは親元を離れ心配な生活のもと今も過ごしていると思います。子どもたち先生方のサポートを少しでもできるよう全力で業務にあたりたい」

仙台市教委は、2月13日から数学を教える職員も1人派遣する予定です。