今年2月に行われた早稲田大学の一般入試で、男子受験生が試験中、入試問題を外部に流出させていたことが分かりました。使われたのは「スマートグラス」と呼ばれる通信機器でした。

早稲田大学の学生(1年)
「許せない。(入試は)公平に行うべきなので、実力がちゃんと反映されないのは良くないと思う」

早稲田大学の学生(2年)
「悪用して受験するというのはいかがなものかと思う」

憤る早稲田大学の学生たち。入学試験で不正が行われていたことが明らかになったのです。

SNSを通じて入試問題を外部に流出させたのは、東京都内に住む男子受験生(18)。

警視庁によりますと、使われたのは「スマートグラス」と呼ばれる通信機器です。眼鏡のように装着することで、写真を撮影したり、スマートフォンと連動して通話できるものもあります。

男子受験生はこの「スマートグラス」を使って入試問題を撮影。その画像を手元のスマートフォンに転送し、SNSを通じて複数人に送信していました。そのうちの一人が大学側に情報提供し、事件が発覚したのです。

男子受験生はなぜ、入試問題を流出させたのか。

男子受験生(18) 任意の取り調べに
「共通テストの結果が悪く、国立大学に落ちた。他の大学も落ちることが不安で、不正を思いついた」

男子受験生はSNSで回答を求めましたが、結果、不正が発覚し不合格に。

巧妙化する不正を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

家電ジャーナリスト 安蔵靖志さん
「カメラ付き眼鏡についてはレンズがありますので、試験監督が一人一人、眼鏡を掛けている人をじっくりと確認する作業があれば、ある程度は防止できるかなと思います。新しい形になってきたりすると、いたちごっこなのかも知れないですけど…」

早稲田大学はJNNの取材に、「受験生の努力に報いるべく、公平公正な入試環境の維持に努めていきたい」としています。

警視庁はあす、この男子受験生を偽計業務妨害の疑いで書類送検する方針です。