きょう(23日)午前9時に、日本の南で台風15号が発生しました。台風の今後の見通しについて、及川気象予報士の解説です。

先ほど午前9時に室戸岬の南で台風15号が発生しました。既に太平洋側では雨の強まっているところがあります。明日にかけて雨の降り方にお気をつけください。

台風15号の進路から見ていきます。室戸岬の南で台風15号が発生しました。今夜から明日にかけて、四国から関東にかけて接近する予想となっています。既に湿った空気が北上していて、太平洋側では雨の強まっているところがあります。

雨雲の様子を見ていきますと、紀伊半島を中心に雨脚が強まっています。また北日本も、明日にかけて前線の影響で雨の降り方が強まるところがありそうです。

雨の予想を見ていきます。きょうは西日本から北日本の広い範囲で雨となりそうです。特に近畿や東海は台風の影響で非常に激しい雨の降るところもありそうです。夜になると、関東周辺にも活発な雨雲がかかってきて、局地的に激しく降るところがあるでしょう。

明日にかけても東日本や北日本は雨が降りやすく、日中も関東や北日本では雨脚の強まるところがありそうです。また関東では明日の日中いったん雨の範囲が狭くなっても、午後はまた急な雨や雷雨になるところがありそうです。

予想される雨の量は、明日の朝にかけて、東海・近畿で200ミリ、関東甲信で120ミリ、北海道も前線の影響で120ミリとなっています。さらに明日の日中以降も東海や関東甲信、北日本を中心に雨の量が増えそうです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒をしてください。

きょうの全国の天気です。きょうは広い範囲で雨が降ったり止んだりとなるでしょう。特に近畿から東海にかけては非常に激しい雨に注意が必要です。また、沿岸部では次第に風も強まってくるでしょう。関東や北日本も強まる雨に注意が必要です。九州は晴れ間がありますが、不安定な天気で、にわか雨や雷雨のところがありそうです。

予想最高気温です。西日本や東日本はきのうより高いところが多くなります。特に西日本では30度近くまで上がるところもあって、きのうよりもムシムシと感じられるでしょう。

週間予報です。明日は西日本の天気は回復して、日曜日にかけては晴れるところが多くなりそうです。晴れると日中の気温が30度くらいまで上がるでしょう。ただ比較的からっとした暑さになりそうです。

続いて東日本と北日本です。東海は明日の明け方にかけて大雨に警戒が必要です。関東や北日本では、明日の日中も雨が降りやすく、激しく降るところがあるでしょう。特に北海道の太平洋側なども大雨に注意が必要です。日曜日になると晴れるところが多くなりますが、関東は少し雲が取れにくい可能性があります。