「TECHBLITZ」編集部では今回、「観光・旅行」に関連するOverviewや幅広いカテゴリーの世界の最新スタートアップ情報に焦点を当てた「Travel Tech Trend Report」を作成しました。

このトレンドレポートでわかること

●「観光・旅行」関連のテックトレンド(旅の計画、都市間と近距離の移動、進化する民泊、体験の共有 etc)

※今回TECHBLITZ上で配布する「Travel Tech Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。下記コンテンツを含んだ完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

    [完全版で追加される内容]
  • 特集 <仕事と旅>
  • 大手企業の協業事例(海外)
  • 大手企業の協業事例(日本)

短縮版を入手する(無料)

2022年現在、旅行業界は回復期に

 旅行業界は、新型コロナウイルスの感染拡大で最も大きな影響を受け、変革を迫られた業界の1つと言っても過言ではないでしょう。それまでの旅行業界は、経済的な躍進を遂げた中産階級層の旅行人口の増加、民泊、オンデマンドエコノミー、ソーシャルメディア、価格競争などをトレンドに成長の一途を辿り、多くの国や地域で重要な産業の1つとなっていました。

 その一方で、旅行者の増加に伴う様々な課題が浮き彫りになり、なかでもオーバーツーリズムがもたらす環境への影響が各国で深刻化していました。そんな中、2020年の感染拡大を境に世界中で様々な変化が起きました。インドや中国で交通量が減り大気の質が改善したことや観光客の激減でヴェネチア運河の水質が改善したことなどで、人々の移動が環境に及ぼす影響が再考されはじめました。

 現在、旅行業界は回復期にあると言われています。UNWTO(国連世界観光機関)の「World Tourism Barometer」によると、2022年第1四半期に国境を越える旅をした人は1億1,700万人でした。これは前年同期比で182%増に当たります。この回復を牽引したのは主にヨーロッパと米国でしたが、今後はアジアを中心とした国や地域が旅行制限を緩和/解除することで需要が伸び、旅行業界全体の回復は2022年を通して続くことが予想されています。* 一方でウクライナ情勢をはじめとする地政学的な混乱は回復の下振れリスクとなっています。現在の燃料価格の高騰とインフレなどを要因とした世界的なサプライチェーンの混乱が起こっており、その結果、輸送費や宿泊費の上昇が回復期にある旅行業界全体に影を落としています。

 日常からの脱却、異文化や自然への憧れ、知的好奇心の追求、事業活動に関わる移動など、人が旅をする理由は様々ですが、そもそも人類は自らに合う環境へ移動し続けることで生き残ってきたと言われる「ホモモビリタス(移動するヒト)」であり、人が旅を欲するのは自然なことであると言えます。パンデミックによって業界全体が一時停止を余儀なくされた後、旅行業界には気候変動に対する意識、旅の持続可能性、移動や余暇の必要性、人と人との関わり方、自然への回帰といった、価値観やライフスタイルの変化を受けた、新しいうねりが生まれています。

 本レポートでは、まず成長が期待される旅行関連のテックトレンドを「タビマエ」、「タビナカ」、「タビアト」に分類し、それぞれの分野で有望なスタートアップを取り上げました。また特集ではワーケーションや出張管理など「仕事と旅」にまつわるトレンドをご紹介します。後半では国内外の大企業とスタートアップとの協業事例も掲載しています。

* World Tourism Barometer

マイルに代わって暗号通貨が付与されるリワードプログラムも誕生

 「Travel Tech Trend Report」は、以下の画像の内容で構成しております。そのうち本記事下部のフォームから入手できる短縮版では、冒頭の「Overview」と「カテゴリー概要」のセクションをご提供しています。

短縮版レポートを入手する

 「カテゴリー概要」では、「観光・旅行」領域の注目テックカテゴリー概要と、その領域における代表的なスタートアップを紹介しています。紹介するスタートアップは、直近の資金調達情報や事業概要や報道記事を元に、「TECHBLITZ」編集部にて有望性や独自性を判断して選定しています。

  • 旅の計画
  • 旅の準備
  • 便利なツール
  • 空港にて
  • 都市間と近距離の移動
  • サステナブルな旅
  • ハイパーローカルな旅
  • 自然に還る旅
  • 進化する民泊
  • ホテルテック
  • 旅の報酬
  • 体験の共有

短縮版レポートを入手する

 日本企業が現状のトレンドを予測するうえで、またオープンイノベーションの進め方を考えるうえで、本レポートがお役立ていただければ幸いです。

 「Travel Tech Trend Report」短縮版をご希望される方は、下記フォームより資料請求をお願いします。

※今回TECHBLITZ上で配布する「Travel Tech Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

※新規事業開発、R&D、オープンイノベーション、商材発掘などを行う事業会社、政府系機関(行政含む)、CVC、VC、メディアに限りお渡しさせて頂いております。サービスプロバイダー、コンサル、もしくは弊社と同業種の方へのお渡しはお断りさせて頂く場合があること、ご了承ください。