TECHBLITZ編集部では今回、「リテール」に関連するOverviewや幅広いカテゴリーの世界の最新スタートアップ情報に焦点を当てた「リテールテック Trend Report」を作成しました。

このトレンドレポートでわかること

●「リテール」関連のテックトレンド(自動化ソリューション、在庫の最適化、未来の店舗、メタバース&Web3 etc)

※今回TECHBLITZ上で配布する「リテールテック Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。下記コンテンツを含んだ完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

    [完全版で追加される内容]
  • インサイト特集「日系VCが解説する リテールテック注目の3領域」
  • 大手企業の協業 / 導入事例

短縮版を入手する(無料)

大手小売企業によるスタートアップの買収や協業、実証実験などが活発に

 パンデミックは様々な分野で商品の長期的な在庫切れを引き起こし、急激な需要と供給の変化に対するリテール業界全体の脆弱性を明らかにしました。その後もグローバルなサプライチェーンの混乱、労働力不足やEコマースの台頭などが相まって、現在リテール業界では変化する消費者ニーズに見合うための新しい戦略や変革を迫られています。

 それらを後押しするのがリテールテックです。世界全体のリテールテックへの投資額は2021年第4四半期の266億ドルに比べ、2022年第1四半期は238億ドルと11%の減少が見られるものの*、大手小売企業によるスタートアップの買収や協業、実証実験は世界各国で活発に行われています。店舗内のナビゲーション、ロイヤルティプログラム、無人レジや新しい形の決済、購買を社会貢献に繋げる仕組みといった、新たなテクノロジーやソリューションを社会が受け入れていく流れは、パンデミックが落ち着いてからも継続するようです。

 AIや自動運転をはじめとするテクノロジーの進化は、リアルとオンラインの境界を意識させられることなく購買体験を終えることができる「オムニチャネル」の活況や、これまでとは段違いの即時性を提供する「クイックコマース」の台頭など、消費者の行動や期待値に大きな変化をもたらしています。また、AIや機械学習で分析したデータを活用することで販売効率を改善したり広告収入などの新たな収益源としたりするなど、リテールテックは事業の拡大にとっても欠かせない存在となっています。

 2022年9月、米国Walmartはゲームを軸としたメタバース空間であるRoblox上で“Walmart Land”と“Universe of Play”というコンテンツを展開していくことを発表しました。特にZ世代やα世代への訴求という側面において、リテール業界のメタバースへの参入は今後も注目に値します。

 本レポートでは、リテール業界の有望なスタートアップを①Eコマースを機能的/効率的に進化させる「Eコマースイネーブラー」、②AIや機械学習などを駆使してデータに基づいたソリューションを提供する「データドリブン」な企業、③「新しいリテール」を提案する企業の3つに分け、カテゴリ別にご紹介しています。

 また、リテール領域の最新テックトレンドを紹介する「インサイト特集」として、TECHBLITZ主催「BLITZ SEMINAR」より、『日系VCが解説するリテールテック注目の3領域』の講演内容を掲載しています。巻末には国内外の大手企業によるスタートアップのソリューションの協業/導入事例をご紹介しています。

*Industry Dive “Retail Dive”

Eコマースのユーザーはより直感的でシンプルな顧客体験を求めている

 「リテールテック Trend Report」は、以下の画像の内容で構成しております。そのうち本記事下部のフォームから入手できる短縮版では、冒頭の「Overview」と「カテゴリー概要」のセクションをご提供しています。

短縮版レポートを入手する

 「カテゴリー概要」では、「リテール」領域の注目テックカテゴリー概要と、その領域における代表的なスタートアップを紹介しています。紹介するスタートアップは、直近の資金調達情報や事業概要や報道記事を元に、TECHBLITZ編集部にて有望性や独自性を判断して選定しています。

  • 自動化ソリューション
  • 決済ソリューション
  • 顧客体験の向上
  • 信頼性の向上
  • ロイヤルティ&プロモーション
  • マーケティング
  • 在庫の最適化
  • Qコマース&ダークストア
  • 配送ソリューション
  • 未来の店舗
  • ソーシャルインパクト
  • メタバース&Web3

短縮版レポートを入手する

 日本企業が現状のトレンドを予測するうえで、またオープンイノベーションの進め方を考えるうえで、本レポートがお役立ていただければ幸いです。

 「リテールテック Trend Report」短縮版をご希望される方は、下記フォームより資料請求をお願いします。

※今回TECHBLITZ上で配布する「リテールテック Trend Report」は一部項目のみの短縮版となります。完全版は「BLITZ Portal」会員のみに配布いたします。

※新規事業開発、R&D、オープンイノベーション、商材発掘などを行う事業会社、政府系機関(行政含む)、CVC、VC、メディアに限りお渡しさせて頂いております。サービスプロバイダー、コンサル、もしくは弊社と同業種の方へのお渡しはお断りさせて頂く場合があること、ご了承ください。