一般的に、洗濯物は日が昇る朝に干すものというイメージがあります。しかし、洗濯に関するアンケート調査によると、自宅で洗濯する時間帯は「夜」または「深夜」と回答した方が全体の4割を超えており、出勤前や朝食前など「早朝」に干すと回答した方を上回っています。[注1]実は、夜間の洗濯には、昼にはないメリットも多く、あえて夜に洗濯物を干す方も増えてきています。
そこで今回は、冬の洗濯物を夜に干すメリットや干すときのコツ、注意点などをまとめました。

冬の夜に洗濯物を干すメリット

冬の夜に洗濯物を干すことのメリットを5つご紹介します。
■1.お風呂の残り湯を洗濯に使える
最近の洗濯機には、風呂水ポンプが標準搭載されているものが多く、お風呂の残り湯を洗濯に再利用することができます。単純に節水できるというだけでなく、冷たい水よりも温かいお湯のほうが汚れが落ちやすいという利点もあります。酵素洗剤も、お湯のほうが活性化しやすいといわれているため、夜に入浴し、すぐに洗濯したほうが高い洗浄効果を期待できます。
■2.部屋の乾燥対策になる
冬は空気が乾燥しやすいため、加湿器などを使って保湿しないと、室内がうるおい不足になってしまうおそれがあります。とくに就寝中はコップ1杯分の汗をかくといわれていますので、朝起きたら乾燥で喉がイガイガ…ということも。夜間に洗濯物を部屋干しすれば、室内が適度に保湿されるので、就寝中の乾燥対策に役立ちます。
■3.日中に外干しで乾かせる
気温の低い冬は、空気が取り込める水分量(飽和水蒸気量)が少ないため、最初から外干ししてもなかなか洗濯物が乾きません。夜間に室内で仮干ししておけば、朝までにある程度水分が飛ぶので、外干しだけでも乾かせるようになります。室内に干していた洗濯物を、外の物干し竿などにかけるだけなので、忙しい朝でも簡単に外干しできるでしょう。
■4.夜間割引プランを利用すれば、電気代が安くなる
電力会社によっては、日中不在がちな方のために、夜間の電気代が安くなる割引きプランを提供しています。夜間割引プランを利用すれば、日中に洗濯するよりも電気代を節約することができます。
■5.朝の時間を有効に使える
朝は通学・通勤の準備でバタバタと忙しく、1分1秒が惜しいという方も多いでしょう。夜間に洗濯すれば、朝の時間にゆとりができるため、ほかの準備に時間を割くことができます。


冬の夜に洗濯物を干すときのコツ

冬の夜に洗濯物を効率よく乾かすために、押さえておきたいポイントを4つご紹介します。
■1.脱水後に洗濯物を振る
脱水した洗濯物を取り出したら、ハンガーなどに掛ける前に、1度洗濯物をばさばさと大きく振りましょう。水分が飛んで乾きやすくなりますし、脱水後のしわも伸びやすくなるので、一石二鳥です。
■2.洗濯物は間隔を空けて干す
洗濯物同士の間隔が狭いと、湿気がこもり、洗濯物が乾きにくくなってしまいます。洗濯物同士の間隔が最低でもこぶし1つぶん程度あけて、密にならないよう注意しましょう。部屋のスペースが狭い場合はこまめに洗濯し、1回あたりの洗濯量を減らすとよいでしょう。
■3.洗濯物を干している部屋は締め切らない
起きている間なら定期的に換気することもできますが、寝ている間は窓やドアを開け閉めできないので、室内に湿気がこもりやすくなります。就寝前は洗濯物を干している部屋に通じるドアを開け、なるべく密閉状態にならないよう配慮しましょう。
■4.エアコンや扇風機を使う
冬の洗濯物は、ただ部屋干ししているだけでは乾きにくいので、エアコンや扇風機を併用するのが効果的です。ただ、就寝中にエアコンや扇風機を付けっぱなしにしていると電気代がかかりますし、乾燥の原因にもなりますので、適度な時間で電源がオフになるようタイマーをセットしておくとよいでしょう。

冬の夜に洗濯物を干すときの注意点

冬の夜に洗濯物を干す際、とくに注意しておきたいポイントを3つご紹介します。
■1.エアコンの電気代がかかる
エアコンを使って部屋干しすると、相応の電気代がかかります。普段は起きているときだけで、就寝時はエアコンを使わないという家庭では、電気代がかさむ可能性があるので注意しましょう。
■2.外干しは避ける
夜間の外干しは、日焼けしにくい、排気ガスの影響をうけにくいなどいろいろな利点がありますが、一方で盗難に遭いやすい、天気の急変に気付きにくいといった欠点があります。また、日の差さない夜間は気温が低く、濡れた洗濯物を干すと凍結してしまう可能性もあります。どちらかというとデメリットのほうが多いので、冬の夜に洗濯物を外干しするのは控えたほうが無難です。
■3.柔軟剤の使用量を控える
最近はいろいろな柔軟剤が販売されていますが、なかにはにおいがきついものもあります。就寝してしまうと定期的に換気ができず、においがこもって体調を崩してしまう可能性もありますので、柔軟剤の使用は控え目にしましょう。

冬の夜に洗濯物を干すと、いろいろなメリットがある

気温の低い冬は、外干ししても洗濯物がなかなか乾きにくく、生乾きになってしまいがちです。とくに洗濯物が乾きにくい天気・気温の日は、朝から干しても洗濯物が乾かない可能性が高いので、夜間に洗濯し、1日かけて乾かしたほうが効率的です。
翌日が洗濯日和かどうかわからないときは、日本気象協会が運営している「tenki.jp」で、洗濯指数をチェックしてみましょう。当日を含む10日間の「洗濯物の乾きやすさ」が掲載されているので、夜間に洗濯すべきかどうかを決めるときの参考になります。洗濯指数はエリアごとに細かく掲載されていますので、毎日のお洗濯に役立ててみてはいかがでしょうか。
[注1]ディムスドライブ:『洗濯』に関するアンケート