20日(金)15時までの最高気温は、関東北部や東北、北陸を中心に平年より高く、全国1位は栃木県佐野市の29.4℃でした。仙台市や前橋市では今年1番の暑さで、福島市や富山市は7月並みでした。一方、関東南部や東海から西は25℃前後でしたが、湿度が高く、東京都心ではムシムシ感がアップしました。

真夏日一歩手前 今年1番の暑さも

20日(金)は、関東北部や東北、北陸を中心に、日差しが降り注ぎ、この時期にしては暑くなりました。

15時までの最高気温を見ると、全国で最も暑かったのは、栃木県佐野市で29.4℃と、「真夏日(最高気温30℃以上)」に迫るほどでした。また、仙台市は27.1℃、前橋市は28.3℃と、共に今年1番高くなりました。福島市や富山市は、7月並みの暑さでした。

関東南部や東海から西では、25℃前後の所が多く、東京都心は25.9℃と、2日連続の「夏日(最高気温25℃以上」でした。

ただ、気温だけでなく、湿度も高かったのが、特徴です。

東京都心では、19日(木)は、最高気温が26.6℃、最小湿度が31%でしたが、20日(金)は、最高気温が19日(木)ほど高くはなかったものの、最小湿度は42%とムシムシ感がアップしました。

名古屋市や大阪市でも、最高気温は19日(木)ほど上がりませんでしたが、湿度は19日(木)よりも高くなりました。そのため、蒸し暑く感じられた方が大勢いらっしゃったと思います。

21日(土)暑さはどうなる?

画像B

21日(土)の最高気温は、沖縄では25℃くらいで、蒸し暑いでしょう。

九州から東北は、日本海側では25℃前後で、昼間は、少し動くと汗ばむ陽気の所もありそうです。一方、太平洋側では20℃を少し超えるくらいの予想です。名古屋や大阪では20℃までしか上がらず、昼間も羽織る物が欲しいくらいでしょう。

北海道でも、日本海側を中心に、気温が25℃くらいまで上がる所があるでしょう。ただ、朝晩と日中との寒暖差が大きくなりますので、重ね着で上手に調節してください。