20日(金)午後、雨雲レーダーを見ますと、沖縄に発達した雨雲がかかっています。雨だけでなく、風も強まり、那覇市では最大瞬間風速20.8メートルを観測しました。

20日(金)沖縄で 雨や風が強まった

画像A

20日(金)は、沖縄付近に梅雨前線が停滞し、前線の活動が活発になっています。

そのため、雨雲レーダーを見ますと、沖縄では、あちらこちらに発達した雨雲が確認できます。沖縄市では、13時40分までの1時間に30.0ミリの「激しい雨」、那覇市では、13時26分までの1時間に22.5ミリの「強い雨」を観測しました。

また、雨だけでなく、風も強まりました。那覇市では、13時21分に、最大瞬間風速20.8メートルを観測。久米島空港では、12時56分に、最大瞬間風速18.5メートルを観測しました。

21日(土)午前中を中心に 沖縄の所々で雨や雷雨

画像B

沖縄では、雨のピークは、20日(金)の夕方まででしょう。

ただ、21日(土)も、午前中を中心に、所々で雨や雷雨となりそうです。21日(土)午後は、広い範囲で天気が回復へ向かいますが、大東島地方では、午後も雨や雷雨の所があるでしょう。

沖縄では、今年は5月4日頃に梅雨入りして、すでに2週間ほど経ちましたが、梅雨時の大雨には、十分注意が必要です。