5日(月)頃までは最高気温は平年より高く、関東以西では日中は半袖でちょうどよいくらいになりそうです。その後は平年並みの気温に。服装選びにお気をつけ下さい。

天気の傾向は

北海道や東北、北陸は低気圧や前線の影響で来週前半にかけて、雨の降る日が多いでしょう。一方、関東から九州は4日(日)は雲が多いものの、5日(月)以降は高気圧に覆われて、秋晴れの日が多くなりそうです。

気温の傾向は

最高気温は5日(月)頃までは平年より高い所が多いでしょう。北海道や東北北部で20℃くらい、東北南部や北陸で25℃くらいまで上がる日がありそうです。関東から西では27℃前後まで上がって、汗ばむくらいの日がありそうです。まだ日中は半袖が活躍するでしょう。
6日(火)になると、最高気温は平年並みになりそうです。北海道では日中も上着が欲しいくらいに。関東も長袖が活躍するでしょう。一方、東海から西ではまだ25℃前後の所が多く、昼間は薄着が良さそうです。ただ、朝晩はヒンヤリして、一日の気温の変化が大きくなりますので、ご注意下さい。

服装選びの目安になる気温は

一般的に気温が25℃以上の時には半袖一枚で過ごせますが、25度未満だと長袖シャツがちょうどよくなるといわれています。さらに気温が下がって、20度未満になると、肌寒さを感じるようになって、長袖シャツにカーディガンなどを羽織って、重ね着すると快適に過ごせます。もちろん個人差もありますし、湿度や風も関係してきますが、着こなしの参考になさって下さい。
また、気温差5℃で衣服一枚分ともいわれています。朝晩と日中の気温の変化が大きいこの時期は脱ぎ着しやすい服装がおススメです。