5日(月)にかけて低気圧や前線が通過。その後は季節が進むでしょう。北海道や東北だけでなく、関東甲信などの内陸部や山沿いでも朝晩は暖房が欲しいくらいの所もありそうです。

北海道や東北は荒天の恐れも

5日(月)にかけて低気圧が北日本付近を進み、低気圧から延びる前線が本州付近を南下するでしょう。北海道や東北は日本海側を中心に雨や雷雨の所がありそうです。風が強まり、荒れた天気になる所もあるでしょう。6日(火)も北海道は寒気の影響で、雨が降りやすい見込みです。
関東から九州は5日(月)は一時的に雨の降る所があるでしょう。6日(火)以降は晴れる日が多いですが、週末は所々で雨が降りそうです。

来週は季節進む

5日(月)に低気圧や前線が通過した後、一時的に西高東低の気圧配置になり、寒気が流れ込んできそうです。
北海道は最高気温が20℃に届かない日が多く、昼間も上着が必要になるでしょう。最低気温は札幌で10℃くらいまで下がる日が多くなりそうです。内陸部では霜が降りるほど冷え込む所もあるでしょう。東北では最高気温が22℃くらいに。関東甲信も日差しがたっぷりでも気温の上がり方は緩やかになりそうです。最高気温は25℃に届かない日が多くなるでしょう。最低気温は内陸部を中心に15℃を下回り、10℃くらいまで下がる所も。暖房をつけたくなるほど冷える所もありそうです。東海以西はまだ日中は薄着で過ごせる日が多いですが、朝晩は肌寒くなるでしょう。
季節の変わり目の時期です。日々の気温もチェックして、服装選びの参考になさって下さい。

南の海上で熱帯低気圧が発生へ

画像C

南の海上では熱帯低気圧が発生するでしょう。この熱帯低気圧の発達具合や進路は、まだはっきりしませんが、8日(木)頃に沖縄の南に進む可能性もあります。熱帯低気圧の進路によっては、沖縄では波が高くなったり、湿った空気の影響で雨脚が強まったりする可能性もあり、注意が必要です。