あす5日(月)は、西日本から東日本を前線が通過する影響で、九州から関東では一時的に雨雲のかかる所があり、一部で通勤通学の時間帯に傘の出番となりそうです。また、北日本は、上空に寒気を伴った低気圧が近づくため、大気の状態が不安定になる見込みです。

西・東日本は通勤時に傘の出番も

画像A

きょう4日(日)は、前線が北日本から日本海にかけてのびています。この前線が、あすの昼頃にかけて西日本や東日本を南下する予想です。前線の通過するタイミングで、九州から関東では雨の降る所がある見込みで、一部では通勤通学の時間帯に重なる可能性があります。ただ、降ったとしても弱い雨となる見通しで、折り畳みの傘があれば十分でしょう。一方、午後になると天気は回復し、広い範囲で日差しが届きそうです。

北日本は雨や風に注意

画像B

あすは、上空に寒気を伴った低気圧が、北海道に近づく見込みです。この影響で、北日本の日本海側を中心に大気の状態が不安定となり、昼頃にかけて、局地的に雨や雷雨で、激しく降るおそれがあります。午後になると日の差す所が多くなりますが、東北北部や北海道では、夜になると再び、雨の降る所がありそうです。また、次第に西寄りの風が強まる予想です。空模様や強い風に注意して下さい。

日中は過ごしやすい所が多い

日中の気温は、九州から関東にかけては、この時期らしい所が多くなりそうです。ただ、朝晩は肌寒く感じられるため、通勤通学時やお帰りの時間には羽織る物があるとよさそうです。東北北部や北海道は、最高気温が20度前後の所が多いでしょう。