あす6日(火)と7日(水)は広い範囲で秋晴れ。その先は、台風14号や前線の影響で雨の降る所が多くなりそう。

火曜日と水曜日 高気圧に覆われる

画像A

あす6日(火)は、大陸育ちの乾いた空気をもつ高気圧に覆われてきます。広い範囲で秋晴れで、快適な陽気になるでしょう。7日(水)も多くの所で晴れそうです。関東は、海からの湿った空気の影響で南部を中心に雲がかかりますが、雨が降るのは夜になってからでしょう。

台風14号 次第に北上

画像B

その先は、しばらく曇りや雨の所が多くなります。台風14号(きょう5日午前9時に発生)が、沖縄や西日本方面へと進んでくる見込みです。また、台風の北側から本州の南にかけて、秋雨前線が延びるでしょう。8日(木)から10日(土)頃にかけて、雨の範囲が西から広がる見込みです。台風の進路によっては、沖縄や西日本で荒れた天気となる所がありそうです。台風周辺の湿った空気により前線の活動が活発になれば、台風から離れた所でも雨が強まる可能性があります。気温は平年より低くなる所が多いでしょう。雨や風の影響で体感温度はさらに下がりそうです。
なお、11日(日)以降の天気や気温は、台風の動向次第で変わってくる可能性もあり、最新の情報に注意が必要です。