台風14号は今後、発達しながら北上し、8日(木)頃に沖縄や奄美に、9日(金)から10日(土)頃に西日本に接近し、大荒れの天気となる恐れがあります。秋雨前線の活動が活発化し、東日本でも大雨の恐れがあります。

台風14号の進路

画像A

台風14号は今後、発達しながら北上し、7日(水)頃には「強い」勢力になるでしょう。台風14号の進路予想には、まだ幅があるような状況で、予報円(台風の中心が入る確率がおよそ70%のエリア)は大きくなっています。ただ、暴風域を伴って、8日(木)頃には沖縄や奄美に、9日(金)から10日(土)頃には西日本に接近の恐れがあります。
また、台風の北上に伴って秋雨前線の活動が活発化し、西日本(九州〜近畿)と東日本(東海・北陸・関東)で大雨となる恐れがあります。

大荒れ・大雨の恐れ

沖縄県では8日(木)から9日(金)頃にかけて大荒れの天気となり、海上では大しけとなる恐れがあります。早めの台風対策をなさって下さい。
西日本では、9日(金)頃から雨や風が強まり、大荒れの天気となる恐れがあります。交通機関に影響のでる可能性もあり、警戒が必要です。また、台風の北上に伴って、秋雨前線の活動が活発化するでしょう。台風が近づく前の8日(木)頃から、西日本と東日本に活発な雨雲がかかり、大雨となる恐れがあります。
まだ、台風の進路予想に幅があるような状況です。台風の進路次第で影響や警戒期間が変わる可能性があり、最新の台風情報にご注意下さい。