台風14号は、週後半に沖縄や九州から近畿に接近する恐れがあります。台風の北上に伴って本州付近で秋雨前線の活動が活発になり、8日頃から関東などでも大雨の恐れがあります。

台風14号は大東島に接近へ 9日〜10日頃には九州から近畿に接近の恐れ

画像A

台風14号は、6日9時、日本の南を北北西へゆっくり進んでいます。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートルです。今後、勢力を強めながら西よりに進み、強い勢力で、8日頃、大東島地方に接近する恐れがあります。さらに、強い勢力をたもったまま、9日頃に九州の南に進むでしょう。その後、進路を北よりにとり、9日から10日頃には、九州から近畿に接近する恐れがあります。

画像B

大東島地方と沖縄本島地方では、7日から北風が強まります。大東島地方では7日夜のはじめ頃から北西の風が非常に強く吹き、8日には暴風になるでしょう。
予想される最大瞬間風速は、7日は、大東島地方30メートル、沖縄本島地方25メートル。8日は、大東島地方35から45メートル、沖縄本島地方20から30メートルです。瞬間風速40メートル以上は、走行中のトラックが横転するくらいの風です。大東島地方では暴風に警戒し、沖縄本島地方では強風に注意して下さい。
大東島地方や沖縄本島地方には、台風周辺または台風本体の発達した雨雲がかかるでしょう。発達した雨雲の下では、カミナリが鳴ったり、竜巻など突風が発生したりすることがありますので、注意が必要です。

秋雨前線の活動活発化 関東南部など警報級の大雨の恐れ

7日は、台風周辺の暖かく湿った空気が、本州付近に流れ込みます。雲が広がる所が多く、関東から九州の太平洋側を中心に午後は雨が降りだすでしょう。
8日頃は、本州付近に停滞する秋雨前線の活動が活発になる見込みです。関東から九州を中心に雨が降るでしょう。特に太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり、大雨の恐れがあります。
9日頃からは、九州から近畿では、台風の接近に伴い、大荒れの天気になる恐れがあります。
台風や秋雨前線の影響で、九州から東海、関東南部では、8日から11日にかけて、警報級の大雨になる所もあるでしょう。土砂災害や河川の増水などに警戒が必要です。

台風14号の先の進路の予想は、まだ定まっていません。今後、西日本だけでなく、関東などでも影響が出てくる可能性もあります。最新の気象情報をご確認下さい。

北海道では寒気の影響でカミナリ雲が発生しやすい

一方、北海道付近には、9日頃にかけて、上空に寒気が流れ込みやすく、局地的に雨雲やカミナリ雲が発生しやすいでしょう。急な強い雨や雷雨に注意が必要です。