台風14号の動きは遅く、しばらく自転車並みの速度で進む予想です。また、秋雨前線の活動が活発化し、台風の接近前から大雨の恐れがあります。

台風14号 広範囲で 影響が長引く恐れ

画像A

台風14号は午後3時、日本の南で、ほとんど停滞しています。台風の進路や速度の予想には幅がありますが、予報円の中心を進む場合、9日(金)頃に暴風域を伴って九州の南に進み、その後、進路を東よりに変えて、10日(土)から11日(日)にかけて、九州の南の海上から東海道沖を進むでしょう。
台風14号の動きは、このあともゆっくりで、10日(土)頃までは自転車並みの速度で進む予想です。また、台風の北上に伴って、秋雨前線の活動が活発化する予想です。台風の接近前から雨が降り、大雨となる恐れがあります。広範囲に、長い期間、影響がでる恐れがあります。

各地の警戒ポイント

【沖縄地方】台風は強い勢力で、8日(木)に大東島地方に最も接近するでしょう。大東島地方では7日(水)の夜には非常に強い風が吹き、8日(木)には暴風となる見込みです。活発な雨雲がかかり、非常に激しい雨の降る所もありそうです。沖縄本島地方でも風が強まるでしょう。海上は大しけとなりますので、海岸付近には近づかないで下さい。
【奄美地方】台風は9日(金)に接近するでしょう。風が強まり、海上では猛烈なしけとなる見込みです。台風本体の活発な雨雲がかかる恐れもあります。早めの台風対策をなさって下さい。
【九州〜関東甲信】7日(水)夜には秋雨前線の影響で、太平洋側を中心に雨が降りだすでしょう。8日(木)も広く雨が降り、特に東海から関東甲信に活発な雨雲がかかりそうです。9日(金)から10日(土)にかけては台風の接近に伴って、九州から近畿を中心に暴風が吹き、大荒れの天気になる恐れがあります。台風本体の活発な雨雲もかかり、さらに雨量が増えるでしょう。11日(日)には東海や関東でも風が強まり、荒れた天気となる恐れがあります。台風接近前から長い期間、雨雲がかかり、大雨となる恐れもあります。
早めに台風への備えをなさって下さい。植木鉢など飛ばされやすいものはしまう、ハザードマップの確認、停電への備えなどをしておくと良いでしょう。
なお、台風の進路予想にはまだ幅があり、予報円が大きくなっています。台風の進路次第で影響や警戒期間が変わる可能性があり、今後も最新の台風情報にご注意下さい。