台風14号は週末にかけて西日本や東日本へ接近・上陸のおそれ。台風接近前から秋雨前線の影響で雨が降り出しており、また台風のスピードが比較的ゆっくりなため、大雨や暴風の影響が長引く恐れがあります。

台風の今後の進路

画像A

強い台風14号は発達しながら北上し、あす9日(金)から10日(土)にかけて西日本へ、10日(土)から11日(日)にかけて東日本へ接近または上陸するおそれがあります。あす9日(金)の夜から太平洋側を中心に、非常に激しい雨の降る所がありそうです。台風が近づく前から秋雨前線の影響で雨が降り出しており、また、台風は1時間に10キロから15キロと自転車並みかそれよりもゆっくりとしたスピードで進むため、秋雨前線や台風による大雨や風の影響が長引く恐れがあります。

予想される風、雨量

画像B

【予想される風】
台風の接近に伴って奄美は9日にかけて西日本、東日本では10日にかけて非常に強い風が吹き、猛烈なしけとなる見込みです。あす9日(金)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州南部・奄美、四国、東海、関東甲信で23メートル(35メートル)、九州北部、近畿で20メートル(30メートル)、あさって10日(土)は関東甲信、東海、近畿で25から29メートル(35から45メートル)、四国で20から24メートル(25から35メートル)となっています。
【予想される雨量】
あす9日(金)正午から10日(土)の正午までの24時間に予想される雨量は多い所で、東海で300から500ミリ、四国、近畿で300から400ミリ、伊豆諸島で200から300ミリ、関東甲信(伊豆諸島のぞく)で100から200ミリとなっています。その後もさらに雨量が増えるおそれがあります。大雨が長引くおそれがあるため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意や警戒が必要です。
台風が最接近する前に、ベランダや庭にある飛ばされやすい物は早めに室内に片付けたり、固定したり側溝などの掃除をして水はけを良くしておくなど、大雨や暴風への備えをしておくようにしてください。今後の最新の気象情報や自治体からの情報もこまめにチェックするようにしてください。

台風が去ったあとは

画像C

12日(月)になると、台風14号は日本のはるか東で温帯低気圧に変わる見込みです。変わって、大陸からは高気圧が張り出してくるでしょう。西日本を中心に晴れる所が多くなりそうです。ただ、北日本には次第に寒気が流れ込み、東北や北海道は曇りや雨の日が多いでしょう。この先1週間は気温の変化が大きく、10日(土)頃までは平年より低いものの、11日(日)以降は平年より高くなるでしょう。九州から関東、東北南部では25度を超えて、夏日になる所がありそうです。