きょう9日(金)、台風14号は強い勢力で四国の南を北上中。次第に東よりに進路を変え、あす10日(土)かけて西日本に、あさって11日(日)にかけて東日本に接近、上陸のおそれ。四国、近畿、東海、関東は次第に広い範囲で雨が降り、非常に激しい雨の降る所も。総雨量が500ミリを超える所もありそう。

台風の今後の予想

きょう9日(金)は、台風14号は「強い」勢力を維持したまま、四国の南を北上中です。あす10日(土)にかけて西日本に接近し、10日(土)からあさって11日(日)にかけて東日本へ接近、上陸するおそれがあります。また、台風の接近、通過に伴って西日本ではあす10日(土)にかけて非常に強い風が吹き、太平洋側の沿岸部では猛烈なしけとなりそうです。さらに台風の北上に伴って前線の活動が活発になり、大雨となる所があるでしょう。
《予想雨量》
10日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、近畿・東海で400ミリ、四国で300ミリ、伊豆諸島で200ミリ、関東甲信地方(伊豆諸島を除く)で 130ミリとなっています。既に台風の接近前から秋雨前線による雨が続いているため、総雨量が多くなる所がありそうです。既に伊豆諸島の八丈島では、6日(火)の降り始めから既に総雨量が450ミリを超えている所があります。これは平年10月の1か月分の雨量と同じくらいで、たった数日でこれだけの雨が降ったことになります。今後、さらに雨が降り続き、総雨量が500ミリを超える所もありそうですので、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

各地のきょうの天気

画像B

沖縄は朝まで雨雲のかかる所があるでしょう。日中は晴れ間が出る見込みです。九州は昼頃まで雨の降る所がありますが、次第に晴れてくる見込みです。中国地方は雲が多く、昼頃から雨の降り出す所がありそうです。四国、近畿は次第に広い範囲で雨が降り、夕方以降、非常に激しい雨の降る所がありそうです。東海や関東も一日雨でしょう。夜は激しい雨や非常に激しい雨の降る所がありそうです。東北南部は雲が多いですが、東北北部や北海道は高気圧に覆われて、秋晴れとなりそうです。

きょうも冷たい雨で肌寒い一日に

きょう9日(金)も最高気温は平年より低い所が多くなりそうです。11月並みの気温の所もあるでしょう。近畿から関東は日中は雨が降り、気温がほとんど上がりません。きょうもかなり肌寒く感じられそうです。通勤・通学の際は上着を羽織って暖かくしてお出かけください。東北北部や北海道は20度近くまで上がり、日差しが暖かいでしょう。