きょう9日(金)、強い台風14号が四国の南海上を北上する影響で、九州は北よりの風が強く吹き、沿岸海上はきょう夕方まで暴風のおそれがあります。九州南部の海上や豊後水道はうねりを伴い大しけ、九州北部沿岸もしけますので、高波に警戒して下さい。

台風14号の動きと九州への影響

強い台風14号は、四国の南海上を北東へ進路を変えてゆっくりと進んでいます。今夜にかけて強い勢力を保ったまま自転車並みの速度で、四国の南海上を北上する見込みです。あす10日(土)は本州の南の海上をやや速度を上げて東よりに進むでしょう。
きょう午前10時現在、九州南部や大分県など九州北部の一部が強風域に入っています。また、大陸の高気圧との間で気圧の傾きが大きくなっているため、強風域に入っていない長崎県など九州北西部の地域でも北よりの風が強く吹いている所があります。
台風は動きが遅いため、きょうの夕方にかけて九州の沿岸海上は暴風のおそれがあり、瞬間的に20メートルから30メートルの突風が吹くでしょう。
また海上は、九州南部の太平洋沿岸や豊後水道は波の高さが初め8メートルと大しけ、その他九州北部の沿岸もしける所が多い見込みです。
沿岸海上は暴風やうねりを伴う高波に警戒して下さい。

週末、強風や高波に注意

画像B

今週末の10日(土)・11日(日)は多少雲が広がる所もありますが、秋晴れの所が多くなるでしょう。ただ、あす10日(土)、九州付近はまだ気圧の傾きがやや大きいため、北よりの風がやや強く吹く所がある見込みです。11日(日)になると大陸の高気圧に覆われて、風も収まるでしょう。
海上は、11日(日)にかけてうねりを伴う高波が続きますので、船や釣りなどは注意が必要です。