あすまでは気温が平年より高く、関東以西では、日中は汗ばむくらいの所が多い。その先は季節が前進。北から冷たい空気が流れ込み、北海道や東北北部の山には雪雲のかかることも。

あす13日(火) 日中は広く晴れ

画像A

13日(火)は、前線が北日本を通過したあと、日本付近は高気圧に覆われるでしょう。
北海道から東北、北陸にかけて、明け方までは所々で雨や雷雨。天気は回復に向かい、午後は晴れるでしょう。関東は、夕方以降はにわか雨の所もありますが、昼頃までは晴れ間がありそうです。東海から九州、沖縄にかけて、一日晴れるでしょう。
最低気温は全国的に今朝と同じくらい。この時期としては高く、北海道も10度を下回る所は少ない見込みです。
最高気温も、平年より高い所が多いでしょう。北海道は18度前後の所が多く、東北と北陸は20度〜23度くらい。関東から西は広く25度以上の夏日の予想で、少し動くと汗ばむほど。四国や九州では30度に迫る所もあるでしょう。

14日(水)以降の天気・気温

画像B

14日(水)は、低気圧が日本の北へ進み、前線が北日本を通過。北海道や東北は次第に雨の所が多くなりそうです。この雨とともに、寒気が流れ込んできます。15日(木)にかけて、北海道や東北北部の山では所々で雪が降り、「初冠雪」の便りが届きそうです。なお、今シーズン、これまでに初冠雪が観測されているのは、北海道の旭岳と利尻山、日本最高峰の富士山、のみです。
その先、気温が平年並みか低くなる所が多いでしょう。広く雨が降る16日(金)は、日中も全国的に空気がヒンヤリ。17日(土)以降、日差しは戻っても気温はそれほど上がらないでしょう。関東から西も暑さはなく、秋の装いで快適に過ごせそうです。