この先、季節が前進。木曜日頃、北海道の山は雪で、標高の高い峠は積雪のおそれも。週末は、ほぼ全国で冷たい雨に。

天気の傾向

画像A

あす14日(水)は、気圧の谷が北日本を通過。北海道や東北は昼頃から日本海側を中心に所々で雨や雷雨。夜は北陸も曇りや雨となるでしょう。関東は、海からの湿った空気の影響で朝と夜に所々でにわか雨。東海から西は広く晴れそうです。
15日(木)は、多くの所で晴れますが、北海道と東北北部は、北から流れ込む寒気の影響で雲が広がりやすく、雨の所も。北海道の標高の高い峠では雪が降り、積雪のおそれもあります。峠越えの車は、冬の装備が必要になりそうです。東北北部の1500m級の山にも雪雲がかかり、「初冠雪」となるかもしれません。
16日(金)は、日本の南に前線が延び、夜は雨の降りだす所も。17日(土)の日中は、九州から東北まで雨の範囲が広がるでしょう。太平洋側を中心に本降りの雨となり、北よりの風が強めに吹くこともありそうです。
18日(日)と19日(月)も、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の所がほとんどですが、20日(火)には日差しが戻ってきそうです。

気温の傾向

あす14日(水)は平年並みかやや高く、西日本を中心に最高気温25度以上の夏日の所もありますが、その先は平年並みか低い所が多くなるでしょう。
特に、広く雨となる17日(土)は、気温がグッと低くなりそうです。雨と風の冷たさが加わるので、実際の気温より、体感温度はさらに下がるでしょう。10月に入っても汗ばむほどの日が多かった東海から西も寒くなりそうです。日中も、暖かい服装を心がけてください。