活発な梅雨前線の影響で、太平洋側を中心に大雨となっています。今夜も太平洋側は非常に激しい雨に警戒。その後、いったん晴れ間の出る所が多くなりますが、今週末は再び大雨の恐れがあります。

今夜も非常に激しい雨に警戒

今日(20日)は梅雨前線の活動が活発になり、太平洋側を中心に活発な雨雲がかかっています。宮崎県のえびの高原では24時間雨量が400ミリを超えました。九州だけでなく、四国や近畿でも雨が強まり、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降った所がありました。
九州は南部を中心に明日(21日)にかけても活発な雨雲がかかり、さらに雨量が多くなるでしょう。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があります。危険な斜面には近づかないようにしましょう。四国は今夜は雨のピークを越えますが、近畿は今夜いっぱい、東海は明日の未明まで非常に激しい雨の降る所がありそうです。大阪府北部の地震により揺れの大きかった地域では、地盤が緩んでいる所があります。少ない雨でも土砂災害の発生する恐れもありますので十分注意して下さい。関東は明日の明け方までは断続的に活発な雨雲が流れ込み、激しい雨の降る所があるでしょう。アンダーパスなど低い道路の冠水に注意が必要です。

週末も要注意

22日(金)はいったん梅雨前線が南下し、九州から関東も晴れ間の広がる所が多いでしょう。ただ、晴天は続きません。23日(土)には梅雨前線が北上。暖かく湿った空気が入り、前線の活動が活発化する可能性があります。24日(日)にかけて九州から関東の太平洋側を中心に活発な雨雲がかかり、また大雨となる恐れがあります。最新の情報にご注意下さい。