関東は19日(月)は雲に覆われ、午後は次第に雨が降るでしょう。帰宅時間帯は南部では本降りの雨に。日中も空気がヒンヤリで、上着が必要になりそうです。

10月だけど秋晴れ少なく

画像A

10月ですが、関東はなかなかすっきりとした秋晴れになりません。東京都心で日照時間が5時間を超えたのは10月2日だけです。きょう18日(日)は晴れ間がでましたが、日照時間は5時間に届きませんでした。
10月1日から18日までの日照時間の合計は平年の6割弱となっています。

19日も曇雨天でヒンヤリ

19日(月)も雲に覆われ、午後は南部を中心に次第に雨が降るでしょう。帰宅時間帯は本降りの雨で、広く雨具が必要になりそうです。
日中も気温の上がり方は鈍くなり、最高気温は16℃くらいでしょう。11月並みの気温で、空気がヒンヤリと感じられそうです。夜は東京都心でも15℃を下回り、いっそう寒く感じられそうです。上着が必要になるでしょう。

秋晴れはいつ?

画像C

20日(火)から21日(水)は、ようやく晴れるでしょう。日差しがしっかりと届きそうです。最高気温は20℃以上で、過ごしやすい陽気になるでしょう。日中は長袖一枚でちょうど良いくらいになりそうです。ようやく爽やかな秋晴れとなるでしょう。
ただ、晴天は長続きしません。22日(木)から23日(金)は前線の影響で、また、広く雨に。本降りの雨になるでしょう。最高気温は20℃以上で、雨でも極端な寒さはなさそうです。
この先も天気は短い周期で変わり、秋晴れは続かないでしょう。気温のアップダウンもありますので、服装選びをお気をつけ下さい。