けさの九州は山沿いで最低気温が6度台まで下がるなど、今季一番の冷え込みになりました。秋晴れはきょうまでで、あす21日(水)夜〜22日(木)は九州へ前線が近づくため、各地で季節はずれのまとまった雨になる見込みです。そして、雨のあとはさらに秋が深まるでしょう。

九州の山沿いは最低気温が6度台

画像A

けさの九州はよく晴れて放射冷却現象が強まったため、今季一番の冷え込みになった所がありました。最低気温は熊本県南小国町で6.1度、大分県玖珠町は6.3度など、九州の山沿いは6度台まで下がり寒い朝でした。
九州の山沿いは冷え込む日が増えて、木々の色づきが進んできています。10月の終わりから11月上旬頃にかけて、紅葉は見ごろを迎える所が多くなりそうです。

21日夜〜22日、季節はずれのまとまった雨量

きょう20日(火)は移動性高気圧に覆われて、安定した秋晴れが続くでしょう。
あす21日(水)は高気圧が東へ離れるため、天気はゆっくりと下り坂に向かい、夜は雨が降り出す所が多くなる見込みです。そして、22日(木)は前線が九州付近へ北上し、暖かく湿った空気が流れ込むため、各地で本格的な雨となるでしょう。予想される雨量は50ミリ前後とこの時季としてはまとまった雨量になる見込みです。
さらに日本海から朝鮮半島付近にも前線があり、この前線が南下した後は寒気が流れ込み、23日(金)から24日(土)は最高気温が20度に届かない所もあるなど11月並みの気温となり、さらに秋が深まるでしょう。
今週の後半は、気温の変化が大きくなりますので、体調管理に気をつけてお過ごし下さい。