あす木曜から金曜は全国で雨。雷を伴い激しく降る所も。沿岸部は風も強まる。土曜から日曜は、北海道で荒れた天気が続く。

あす22日(木) 西から雨や雷雨に

画像A

秋晴れをもたらしている高気圧は、次第に東へ離れます。
あす22日(木)は、西から低気圧や前線が近づくでしょう。
沖縄や九州、中国、四国は一日雨で、雷を伴って激しく降る所がありそうです。沿岸部は風がやや強く吹き、横なぐりの雨になるでしょう。近畿と東海も午後は雨の範囲が広がり、夜は局地的に激しく降りそうです。北陸は夕方から、夜は関東も次第に雨となり、夜遅くには東北や北海道も所々で雨が降るでしょう。

その先の天気

画像B

あさって23日(金)は、沖縄や九州、中国、四国の雨は明け方にはほとんどやみ、次第に晴れるでしょう。近畿や東海、北陸は朝まで広く本降りの雨。日中は天気が回復に向かいます。関東は昼過ぎにかけて広く雨で、ザッと強く降ることも。東北と北海道は一日を通して強弱を繰り返しながら雨が続き、沿岸部は風も次第に強まるでしょう。
24日(土)〜25日(日)は広い範囲で晴れますが、北陸から北は雨の所が多いでしょう。日本の北で低気圧が発達するため、北海道は日本海側を中心に西よりの風の強い状態が続きます。この風に乗って寒気が流れ込み、山や峠は雨から雪に。峠道の運転は積雪や凍結に注意が必要です。
26日(月)以降は、ほぼ全国で晴れるでしょう。
気温は全国的に平年並みかやや高い日が多い見込み。ただ、土日は平年より低く、関東以西も20度に届かない所が多くなるでしょう。日差しのもとでも、風が少しヒンヤリと感じられそうです。