きょう22日(木)は、西日本を中心に雨。特に四国や近畿で雨量が多くなり、大雨となる所も。東海や関東も夜は広い範囲で雨が降るでしょう。

四国や近畿などで大雨に

画像A

きょう22日(木)は、前線を伴った低気圧が西日本を東へ進む見込みです。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、西日本を中心に大気の状態が非常に不安定になりそうです。沖縄と九州、中国、四国は夜にかけて雨が降るでしょう。沖縄は昼前後に雷を伴った非常に激しい雨の降る所がありそうです。九州は昼頃まで、中国、四国は午後を中心に所々で激しい雨が降るでしょう。近畿は午後は広く雨が降り、夜になると、局地的に激しい雨や雷雨となりそうです。特に、四国や近畿の太平洋側を中心に雨量が多くなるでしょう。あす23日(金)午前6時までの24時間に多い所で四国の太平洋側で200ミリ、近畿中部・南部で120ミリの雨が予想されています。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒や注意をしてください。東海や、関東甲信、北陸も夕方から次第に雨が降るでしょう。東北は夜遅くに雨雲のかかる所がありそうです。北海道は日本海側を中心に雨や雷雨の所があるでしょう。

西日本は雨でひんやり 上着を羽織って

画像B

きのう21日(水)は九州を中心に夏日となった所が多くなりましたが、きょう22日(木)は沖縄と九州から近畿にかけてきのう21日(水)より気温が低いでしょう。3度から5度くらい低くなる所もありそうです。平年並みですが、雨が降るため、ひんやり感じられそうです。上着を羽織ってお出かけください。東海や関東、北陸、東北はきのう21日(水)と同じくらいでしょう。北海道はきのう21日(水)と同じか高く、9月下旬から10月上旬並みの所が多くなりそうです。