メイン画像

低気圧が日本海を発達しながら北東に進み、中心からのびる寒冷前線があす23日(金)未明から朝にかけて北陸地方を通過する見込みです。前線の通過前後は激しい雨や落雷、突風に注意が必要です。また、前線が通過したあとは寒気が南下し、週末は秋が一段と深まりそうです。気温差が大きくなりますので、体調管理にもご注意ください。

あす23日(金) 未明から朝にかけて激しい雨のおそれ 気温差にも注意を

画像A

寒冷前線の通過に伴い、活発な雨雲も次第に東へ進みます。福井ではあす23日(金)未明から明け方にかけて、石川ではあす明け方から朝にかけてバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所があるでしょう。富山や新潟でも朝を中心に雨脚の強まる所がありそうです。ちょうど朝の通勤通学の時間帯にあたりますので、大きめの傘を持ち、時間に余裕をもってお出かけください。落雷や突風にも注意が必要です。
また、日中の最高気温は各地で20度を下回り、前線が通過した午後からは沿岸部を中心に北西から西よりの冷たい風が吹くでしょう。きょうより4度前後低く気温差が大きくなりますので、上着を羽織るなど暖かい格好でお過ごし下さい。

24日(土)をピークに寒気が南下 おでかけは25日(日)がおすすめ

画像B

寒冷前線が通過したあとは、西高東低の冬型の気圧配置に変わり、24日(土)をピークに一時的に北陸の上空1500m付近で0度前後の寒気が南下する見込みです。標高の高い山では積雪や凍結の可能性がありますので、登山などは注意が必要です。
24日(土)は気圧の谷や寒気の影響で午後を中心に広く雨、日中は気温が上がらず11月上旬から中旬並みの肌寒さが続くでしょう。25日(日)になると西から高気圧が張り出してきます。寒気が残る新潟では雨の降る所がありますが、北陸西部を中心に日差しも期待できそうです。

紅葉の見ごろスポットは?

この週末に流れ込む寒気の影響で、秋が一段と深まり、紅葉も進みそうです。
22日(木)現在、新潟県内では湯沢町の苗場ドラゴンドラ、妙高市の笹ヶ峰高原や太田切渓谷、魚沼市の奥只見湖周辺で見ごろを迎え、十日町市の清津峡などでも色づき始めています。富山県内では立山方面で色づき始め、南砺市の五箇山方面でも見ごろとなっている所があります。最新の紅葉情報はtenki.jp紅葉見ごろ情報からご覧ください。