この先一週間、北陸から北は気圧の谷や寒気の影響で雨の日が多く、山や峠は雪も。しばらく晴れる関東以西も、週末にかけて、朝の冷え込みが次第に強まる。

天気の傾向

画像A

あす28日(水)は、低気圧が北海道付近へ進み、この低気圧から延びる前線が本州に近づいてきます。北海道や東北は、夕方以降は次第に雨の範囲が広がり、雷雨になる所もあるでしょう。北陸も夜は所々で雨が降りそうです。関東から西は大体晴れるでしょう。
29日(木)〜30日(金)は、次第に初冬の天気分布に。北陸から北は日本海側を中心に雨で、雷を伴って強く降る所もあるでしょう。沿岸部は風も強まりそうです。また、山や峠は雪になる所もあるでしょう。関東から西はおおむね晴れますが、風がヒンヤリと感じられそうです。
31日(土)は、高気圧に覆われて全国的に秋晴れ。
それもつかの間、低気圧や前線が近づくため、11日1日(日)の後半〜2日(月)は広く雨で、雷雨になる所も。
3日(火)は、北陸から北は雨や風が強まるでしょう。北海道の東へ進む低気圧の発達の度合いによっては、大荒れの天気の所もありそうです。晴れる関東から西も、北よりの風が強まるでしょう。

気温の傾向

気温は、全国的に平年並みかやや高い日が多い見込みです。
ただ、関東から西は、朝の気温が日に日に低くなってきて、今週末は10度を下回る所が多くなるでしょう。これまで厚手の上着を出していなかった方も、そろそろ準備しておくと安心です。
その先、いったん気温が上がり、朝の冷え込みが和らぎますが、3日(火)からは、この時期としては強い寒気が流れ込んでくるでしょう。週間予報の範囲を超えていますが、4日(水)頃は全国的にグッと寒くなり、北海道では平地も雪が降る可能性もあります。