メイン画像

2008年以来、10月までに日本への台風の上陸はなしとなりそうですが、日本の南の海上には2つの台風が発生しています。台風20号はまだ進路が定まっていませんが、北寄りのコースを進んだ場合、沖縄地方に接近する可能性も。台風19号は、この後猛烈な強さに発達し、フィリピンに近づく見込みです。

台風19号 猛烈な強さに発達しフィリピンに接近のおそれ

画像A

30日、日本のはるか南海上には、2つの台風が発生しています。
台風19号は、30日午前9時に、フィリピンの東で非常に強い勢力に発達しました。正午現在もフィリピンの東海上を西に進んでいます。

画像B

もう10月も終わりですが、日本の南の海の海面水温はまだ高い状態が続いており、台風が発達しやすい状態になっています。
このため、台風19号はさらに発達し、明日31日には猛烈な強さとなる見込みです。この「猛烈な台風」とは、台風の強さの階級で最も強いランクです。

画像C

台風19号による日本への直接的な影響はない見込みですが、1日から2日にかけてフィリピンにかなり接近または上陸する可能性があります。
台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は大しけに厳重な警戒が必要です。

台風20号 まだ進路が定まらず 沖縄地方に近づく可能性も

画像D

昨日29日午後9時に発生した台風20号は、30日正午現在、マリアナ諸島にあって、西北西へ45キロの速さで進んでいます。
4日頃の予報円(台風の中心が入る確率がおよそ70%のエリア)がかなり大きくなっており、まだ進路が定まらない状態ですが、北寄りのコースを進んだ場合、沖縄地方に近づく可能性もあります。
このように、まだ台風の進路予報に幅があるような状態で、今後大きく進路の予報が変わる可能性もあります。この後も最新の台風情報を確認するようにして下さい。

2020年は10月までに台風の上陸なしの見込み 2008年以来

画像E

30日現在、今年2020年に日本列島に台風は上陸しておらず、10月までの台風上陸なしとなる見込みです。
10月までに台風の上陸がなければ、2008年以来となります。なお、2008年は年間を通して台風の上陸がありませんでした。
一方で、11月でも台風への油断は禁物です。
2000年以降、11月に日本への台風の上陸はありませんが、過去には1990年の11月に和歌山県に台風が上陸し、被害も発生しました。この台風が上陸したのは11月30日で、1951年の統計開始以来、台風上陸としては最も遅い記録でもあります。
また上陸まではしないものの、たびたび11月には日本付近に台風が接近しています。
現在も、日本の南の海上では、平年よりもやや海面水温の高い状態が続いており、台風が発生、発達しやすい状態になっています。11月に入ってからも、台風の動向には注意が必要です。