きょう30日(月)も、日本海側は所々で冷たい雨や雪。太平洋側は、おおむね晴れる見込み。最高気温は全国的にきのうと同じくらいで、この時期らしい寒さ。

冬の天気分布

画像A

きょう30日は、気圧の谷が本州を通過し、次第に冬型の気圧配置になります。
【各地の天気】
北海道は、北部は雪が降ったりやんだりで、ふぶいて見通しの悪くなる所もあるでしょう。南西部は、日中は晴れ間もありますが、夜は広い範囲で雪に。東部は晴れるでしょう。
東北は、日本海側は朝晩を中心に雪や雨。平地も積雪や路面の凍結に注意が必要です。晴れる太平洋側も、一時的に雨雲や雪雲のかかる所があるでしょう。
北陸は断続的に雨。ザッと強く降る所もあるでしょう。
関東甲信と東海は、朝のうちは山沿いで雪や雨の降る所があります。昼頃からは晴れのエリアが広がるでしょう。
近畿と中国地方も広く晴れそうです。ただ、日本海からの寒気の影響で、近畿北部と山陰は所々でにわか雨があるでしょう。
四国と九州は、おおむね晴れる見込みです。
沖縄も日差しが届きますが、一時的に雨の降る所もあるでしょう。

全国的に寒さが続く

今朝も、全国的にこの時期らしい冷え込みに。北海道や東北北部は内陸を中心に広く氷点下。東北南部や関東北部は霜が降りるほど。北陸や関東以西の沿岸部も、多くの所で10度を下回っています。
日中もあまり上がってきません。
最高気温は、北海道は3度前後の所が多く、内陸では0度に届かない所もありそうです。東北北部は6度〜8度くらい、東北南部と北陸は10度〜13度くらい、関東から九州は15度前後の所が多く、きのうと同様、この時期らしい寒さでしょう。晴れる所も、暖かい服装を心がけてください。沖縄もきのうと同じくらいで、23度前後の予想です。
なお、夜の気温は各地とも朝と同じくらいまで下がってくるでしょう。