あす30日から元日にかけて日本海側を中心に大雪に警戒が必要です。風も強まり、最大瞬間風速30〜35メートルと、何かにつかまらないと立っていられない程の所もあるでしょう。

予想される雪の量

日本海側を中心に30日から1月1日頃にかけて大雪になるでしょう。
30日午前6時から31日午前6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、
北陸は70〜90センチ、中国地方は50〜70センチ、関東甲信と近畿は40〜60センチ、東北と東海は30〜50センチ、北海道と九州北部は20〜40センチ、四国と九州南部は10〜20センチです。
その後、更に雪の降り方が強まり、31日午前6時から1月1日午前6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、「北陸は80〜120センチ」、近畿は50から70センチ、東北と東海、中国地方は40〜60センチ、北海道は30〜50センチ、関東甲信は20〜40センチ、四国と九州北部・南部は10〜20センチ。
その先も、更に降雪量の増える所があるでしょう。
なお、前回の12月14日から21日にかけての大雪の際、新潟と群馬の県境付近を中心に積雪が急増。群馬県みなかみ町藤原では24時間降雪量が128センチに達し、観測史上1位の値を更新しました。北陸の山沿いでは、それに匹敵するほどの大雪となる所がありそうです。また、日本海側は山沿いに限らず平地も大雪になるでしょう。九州北部の平地も、多い所で10〜20センチ(30日午前6時からの24時間)の雪が降ることが予想されています。普段雪に慣れていない地域では、たとえ雪の量が多くならなくても、交通の乱れが大きくなるおそれがあります。

風の強さ・波の高さ

30日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、近畿と中国・四国で23メートル(35メートル)、沖縄で22メートル(35メートル)、九州北部・南部と奄美で20メートル(30メートル)です。
また、30日に予想される波の高さは、北陸と奄美、沖縄で6メートル、近畿と中国地方、九州北部・南部で5メートルとなっています。
その後、1月1日頃にかけても全国的に荒れた天気が続くでしょう。大雪に加えて、暴風や高波にも警戒が必要です。