7日から8日にかけて冬の嵐に。大荒れの天気で、猛吹雪や暴風、大雪に警戒が必要です。年越し寒波よりも強い寒気が流れ込み、風も強い予想です。

低気圧が急発達

7日(木)から低気圧が急速に発達しながら日本海から北日本へ進み、千島近海に進むでしょう。その後、9日(土)にかけて冬型の気圧配置が強まる予想です。日本列島の上空には強い寒気が流れ込むでしょう。

猛吹雪や暴風の恐れ

画像B

7日(木)から8日(金)にかけて広く大荒れの天気となるでしょう。年越し寒波のときよりも風が強まる恐れがあります。
7日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東北地方、北陸地方は25から29メートル(35から45メートル)、北海道地方、近畿地方、中国地方、四国地方、九州北部地方は20から24メートル(25から35メートル)、沖縄地方は15から19メートル(20から30メートル)です。
瞬間的には走行中のトラックが横転するほどの風が吹く恐れがあります。

大雪の恐れ

画像C

西日本の上空1500メートル付近にもマイナス15℃以下と年越し寒波より強い寒気が流れ込んでくるでしょう。
7日(木)から9日(土)頃にかけて日本海側を中心に大雪となり、特に北陸を中心に積雪が急増しそうです。九州北部でも大雪となる所があるでしょう。猛吹雪や吹きだまり、大雪による交通障害に警戒して下さい。雪崩や屋根からの落雪にも注意が必要です。太平洋側にも雪雲が流れ込み、積雪となる所がありそうです。車の運転は路面状況の変化にご注意下さい。
7日12時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、北海道地方、東北地方、北陸地方、近畿地方、中国地方は20から40センチ、四国地方は10から20センチ、九州北部地方は5から10センチです。
その後、8日12時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、北陸地方は70から100センチ、東北地方、近畿地方は60から80センチ、東海地方は50から70センチ、中国地方は40から60センチ、北海道地方は30から50センチ、四国地方、九州北部地方は10から20センチです。

いっそう寒さ厳しく

画像D

いっそう寒さが厳しくなりそうです。朝は冷え込みが厳しく、広く氷点下に、関東から九州の内陸部でもマイナス5℃以下となる所があるでしょう。水道の凍結に注意が必要です。
日中も冷たい北風が吹きつけ、気温があまり上がりません。北海道だけでなく、東北や北陸も所々で氷点下になるでしょう。関東から九州も10℃に届かず、5℃に届かない所もありそうです。大阪や福岡など、今シーズンこれまでで一番の寒さとなる所もあるでしょう。万全な寒さ対策が必要です。