きょう7日、日本海側では断続的に雪が降っており、山陰など所々で非常に強い風が吹いています。あす8日にかけて、北陸でも非常に強い風を伴って雪が降るため、猛ふぶきに警戒が必要です。また、海上は大しけとなるため、高波にも警戒してください。

山陰など最大瞬間風速30メートル超えの所も

画像A

日本海には前線を伴った低気圧があって、東へ進んでいます。低気圧からのびる寒冷前線が西日本付近を通過しており、山陰では沿岸部を中心に風が強く吹いています。
7日正午現在の風速は、島根県の隠岐空港で16.3メートル、松江市で17.3メートルを観測したほか、正午までの最大瞬間風速は、島根県の隠岐空港で32.9メートル、松江市では28.4メートルを観測しています。

あす8日にかけて 北陸や東北、北海道で暴風雪に警戒

画像B

あす8日にかけて、低気圧は発達しながら北海道付近を通過するでしょう。低気圧が通過した後、冬型の気圧配置となり、非常に強い寒気が流れ込み見込みです。北陸や東北、北海道では、あすにかけて非常に強い風が吹いて、猛ふぶきとなる恐れがあります。また、海上は大しけとなるでしょう。
8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東北・北陸地方で27メートル(40メートル)、北海道・近畿・中国地方で25メートル(35メートル)、東海・伊豆諸島で23メートル(35メートル)、四国・九州北部地方で20メートル(30メートル)です。
また、8日にかけて予想される波の高さは、東北・北陸地方で7メートル、北海道・近畿・中国地方で6メートル、伊豆諸島・沖縄で5メートルです。
暴風や雪による見通しの悪化や高波に警戒するとともに、地元気象台の発表する警報・注意報や気象情報に十分注意してください。