11日は大陸高気圧が移動性になって日本付近へ。冬型は緩むが、次の低気圧が、今夜には九州の南と日本海に現われ、あすにかけ日本付近に。強い寒気は北上する兆しが見えるが、きょうも各地で厳しい寒さが続く。

きょうの天気 雪に関する警報解除へ

画像A

きょう11日(月:成人の日)は、朝までは北陸を中心に大雪に警戒が必要ですが、冬型の気圧配置が急速に緩む見込みで、昼ごろには雪の峠を越える見込みです。
大陸高気圧の一部が移動性になって日本付近に進みますが、足早に通過して、今夜には九州の南と日本海に低気圧が進んでくる見込みです。
このため、午前中は、北海道から山陰にかけての日本海側では雪の降る所があり、雷の鳴る所がありますが、次第に降り方が弱まるでしょう。太平洋側では、四国の一部と東海から関東、東北、北海道で日中晴れる所がありますが、湿った空気が流れ込むため、午後は次第に雲の広がる所が多いでしょう。
九州から近畿や東海、関東の一部では、夕方から夜遅い時間にかけて雨や雪の降る所があるでしょう。カミナリが鳴る所もある見込みです。
沖縄は、きょうも雲が多く日照不足は、なかなか解消されません。朝晩を中心に雨が降るでしょう。

画像B

きょうの気温 真冬の寒さ続く

画像C

きょう11日(月:成人の日)も、最低気温は全国の8割ほどで0℃未満の冬日になりましたが、日中の最高気温も低い状態が続き、全国的に真冬の寒さが続くでしょう。
きのうまでに比べると、1℃〜3℃高くなる所が多くなりますが、平年に比べると3℃前後低い所が多い予想です。
各地の最高気温は、北海道から東北北部は、0℃未満の真冬日の続く所が多いでしょう。東北南部から北陸は3℃から4℃、関東から近畿や九州北部にかけては7℃から8℃、九州南部でも10℃くらいでしょう。沖縄は20℃を下回る予想です。