きょう12日、太平洋側は雪や雨で、積雪や路面の凍結に注意。厳しい寒さで東京都心は今シーズン一番気温が上がらない見込みです。記録的な大雪となった北陸は雨が降り、融雪に注意が必要です。

3つの低気圧

画像A

きょう12日、四国沖と関東の東海上、日本海にそれぞれ低気圧があります。
午前7時現在、四国沖の低気圧の影響で四国や近畿、東海などに雪雲や雨雲がかかっています。また、関東の東の海上の低気圧で関東でも沿岸部の一部で雪や雨が降っています。

太平洋側で雪や雨

画像B

九州や四国、中国は朝まで所々で雪や雨が降るでしょう。近畿や東海は昼頃まで、雪や雨が降りそうです。山沿いを中心に大雪となり、平地でも積雪となる所があるでしょう。車の運転は積雪や路面の凍結にご注意下さい。関東甲信は昼過ぎから夕方にかけて雪や冷たい雨で、山沿いを中心に雪が積もりそうです。ただ、東京23区では積雪はないでしょう。
記録的な大雪となった北陸は気温が高めで、雪ではなく、雨で降る所が多くなりそうです。雪どけが進みますので、雪崩や屋根からの落雪、雪どけ水による川の増水や道路の冠水に注意が必要です。
東北の日本海側は夕方から、太平洋側は昼過ぎまで雪や雨が降るでしょう。北海道は北部や南西部だけでなく、東部も夕方から次第に雪が降るでしょう。

厳しい寒さ続く

最高気温は、北海道はきのうより高いですが、それでも広く0℃以下で、厳しい寒さでしょう。東北の日本海側と北陸はきのうより高く、6℃くらいとなりそうです。東北の太平洋側は2℃ほどと、きのうより低くなるでしょう。
関東から九州は10℃に届かない所が多く、関東から近畿は5℃ほどと厳しい寒さとなりそうです。東京都心も5℃と今シーズンこれまでで最も気温が上がらない見込みです。万全な寒さ対策をしてお過ごし下さい。