メイン画像

きょう(14日)の中国地方は日差しのもとではホッとできる陽気となり、最高気温は高い所で17℃近くになるなど4月上旬並みとなりました。あす(15日)も3月並みの暖かさとなりそうですが、あさって(16日)から寒くなる見込みです。今週末は大学入学共通テストです。16日の土曜日は、朝の冷え込みは弱いものの、日中は徐々に寒気が流れ込むため、試験を終えて帰る頃には、朝よりも寒く感じられてきそうです。受験生の方は、脱ぎ着ができる服装で、マフラーや手袋なども備えておき、身体を冷やさないようにしてください。

ポカポカ陽気で、春のような暖かさになった所も

画像A

きょう(14日)の中国地方は晴れて、日差しのもとではホッとできる陽気となりました。午後4時までの最高気温は山陽南部で15℃前後の所が多くなり、山口県防府市では16.6℃と、4月上旬並みの暖かさとなりました。中国山地沿いでも10℃前後で、平年より5℃前後も高くなりました。
あすも晴れて、日中はホッとできる陽気となりそうです。朝晩と昼間の気温差が大きくなりそうです。
また、雪解けが進むため、積雪の多い所では「なだれ」に注意してください。

16(土)午後は一気に寒くなり、日曜日にかけて真冬並みの寒さに

画像B

16日の土曜日は昼前にかけて寒冷前線が通過したあと、次第に寒気が流れ込む見込みです。朝の冷え込みが弱く、比較的暖かな朝になりますが、午後は一転し気温は急降下するでしょう。西寄りの風も強まり、一段と寒く感じられてきそうです。
受験生の方は、ここ数日の暖かさや、朝の暖かさに惑わされずに、マフラーや手袋などを携帯しておき、帰宅時は暖かくしてお帰りください。
そして、17日の日曜日にかけて真冬並みの寒さとなる見込みです。
日曜日の朝は、雪の降りやすい山陰や山陽北部にお住いの方は特に、時間に余裕をもって出発できるように、準備を万全にしておいてください。