14日朝は、水道が凍るくらいの冷え込みだった所でも、昼間は厚手のコートを着なくても過ごせるくらいとなりました。15日は、西日本では引き続き春のような暖かさとなりますが、東日本や北日本では冬の寒さの所が多いでしょう。

14日 昼間は春のような暖かさ

14日朝も、全国のアメダス500地点以上で、最低気温が0℃未満の冬日となりました。最低気温が全国で最も低かったのが、北海道遠軽町生田原でマイナス16.5℃でした。本州の内陸でも冷え込みが強く、長野県菅平はマイナス15.0℃と、富士山と同じ気温となりました。
ただ、九州から関東と、東北から北海道の太平洋側では、広い範囲で晴れて気温がグンと上昇しました。最高気温は東京都心14.5℃、名古屋12.3℃、大阪13.4℃、広島15.5℃、福岡14.6℃と各地で3月並みの暖かさとなりました。
また、14日の気温の特徴としては「朝と日中の気温差が大きくなったこと」です。埼玉県鳩山町では、朝の最低気温がマイナス5.7℃、最高気温が16.6℃と、その差が22.3℃もありました。気温がマイナス4℃以下だと水道が凍る目安と言われています。鳩山町では今朝は水道が凍るくらいまで冷え込みましが、日中は厚手のコートなしでも過ごせるくらいになりました。

15日 北日本や東日本は真冬に逆戻り

画像B

15日は、西日本では春のような暖かさが続きそうです。九州から近畿では最高気温が15℃前後で、昼間は日差しが暖かく感じられるでしょう。
一方、寒気が南下するため、北日本や東日本では、真冬の寒さに戻りそうです。北海道では、広い範囲で最高気温が0℃未満の真冬日の予想です。東北も5℃以下の所が多く、関東でも10℃に届かない所があるでしょう。関東では気圧の谷の影響で雲が多く、日差しが少ないため気温の数字より寒く感じられそうです。14日は朝と日中との気温差が大きくなりましたが、15日は昼間でも気温があまり上がりませんので、服装選びや体調管理にご注意ください。