寒冷前線に伴う雨雲が日本海側にかかり、降り方の強まっている所もあります。積雪の多く残る所でも雨が降り、融雪に注意。前線通過後は寒気が流れ込み、次第に雪に変わりそうです。

前線に伴う雨雲

画像A

きょう16日、低気圧が北海道付近を発達しながら進み、低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を南下しています。
午前10時半現在、日本海側に前線に伴う雨雲がかかり、一部発達した雨雲もみられます。朝は島根県大田市温泉津では1時間に19.5ミリのザーザー降りの雨が降りました。
まだ多くの雪が残る東北の日本海側や北陸の平地でも雪ではなく、雨の所が多くなっています。雪どけが進みますので、屋根からの落雪にご注意下さい。また、雪どけ水による川の増水や道路の冠水にも注意が必要です。
前線に伴う雨雲は次第に南下し、昼頃にかけては太平洋側でも所々で雨が降るでしょう。日差しが届いていても急な雨にお気をつけ下さい。

前線通過後の気温急降下に注意

前通過後は寒気が流れ込んできます。日本海側は平地でも次第に雪に変わりそうです。北風が吹いて、夜はグッと冷えるでしょう。暖かくしてお過ごし下さい。