きょう19日(火)、九州は高気圧に覆われて冬晴れとなりますが、冷たい北風が吹いて寒さが続くでしょう。あす20日(水)は二十四節気の「大寒」。あす日中からようやく寒さがゆるんできますが、今週の後半は気圧の谷や湿った空気の影響でぐずついた天気になる見込みです。

きょうは冬晴れ 寒さ続く

画像A

きょう19日(火)は、日本付近は冬型の気圧配置になっており、北海道から本州の日本海側は雪が降っている所が多くなっています。九州付近は寒気に伴う雲は少なく、各地とも大体晴れています。九州北岸は多少寒気の雲が広がる所もありますが、このあとも冬晴れが続くでしょう。日差しが多いものの、北風が冷たく寒さが続く見込みです。沿岸海上は北よりの風がやや強く吹き、波が高い所が多く、対馬海峡沿岸はうねりを伴う所があります。沿岸海上は強風・高波にご注意下さい。

あすの朝は厳しい冷え込み

あす20日(水)は二十四節気の「大寒」で、一年で最も寒さが厳しい頃とされます。あすの朝は放射冷却現象が強まり、各地で厳しい冷え込みになるでしょう。最低気温は氷点下の所が多くなり、山沿いでは氷点下4度以下になる見込みです。気温が氷点下4度以下になると水道管の凍結が起こりやすくなりますのでご注意下さい。
あす日中は暖かな日差しが降り注ぎ、各地でようやく寒さが和らぐでしょう。

今週後半はぐずついた天気に

21日(木)から週末は、暖かい空気が流れ込んでくるため寒さはゆるみますが、曇りや雨の日が多くなる見込みです。
21日(木)夜から九州北部は雨が降りだし、22日(金)日中にかけて各地で雨が降る見込みです。23日(土)は九州の南海上を低気圧が通過し、九州は広い範囲で雨となり、24日(日)朝にかけてまとまった雨量になるでしょう。
この時季としてはめずらしく、ぐずついた天気になる見込みです。また、あす日中から来週初めにかけてはいったん寒さはひと休みとなりそうです。