20日朝の中国地方は氷点下の冷え込みとなったところがほとんどで、中国山地では所々でー10℃前後となりました。あす(21日)の朝も放射冷却現象がよく効き、霜の降りるような冷え込みとなりそうです。
きょう、あすの日中は晴れて、寒さがやわらぐでしょう。洗たくや布団干し日和となりそうです。山地では「なだれ」や路面の凍結に注意が必要です。

庄原市高野(広島県)はこの冬、中国地方で一番の冷え込みに

画像A

20日朝、中国地方は沿岸部でも氷点下となった所がほとんどで、最も気温が低くなったのは、広島県の庄原市高野で-12.3℃です。これは、中国地方でこの冬、一番低い最低気温となります。
その他、低い順で、北広島町大朝(広島県)で-11.9℃、飯南町赤名(島根県)-9.8℃、邑南町瑞穂(島根県)-9.5℃、浜田市弥栄(島根県)-9.3℃と、中国山地の標高の高いところを中心に厳しい冷え込みとなりしまた。

あす(21日)にかけて、日中は日差しのぬくもりが感じられる

画像B

きょう(20日)、あす(21日)ともに日中は晴れて、日差しのもとではホッとできそうです。とくに、あすの最高気温は15℃前後になるところもあり、暖かいでしょう。花粉の飛び始める前のこの時季は、絶好の換気、掃除日和となりそうです。(あすの夜は西から雨になる見込みです。お帰りの遅い方は、折りたたみ傘などがあると良さそうです。)
また、あす(21日)の朝も冷え込む見込みです。積雪の多いところでは、雪解けの水などで路面が凍結する可能性があるため、注意してください。また、積雪の多いところでは、「なだれ」に注意が必要です。
なお、朝と昼間の気温差が大きくなりますので、服装を調節するなどして、体調管理にもお気をつけください。