きょう21日(木)、九州は南から暖かい空気が流れ込み、日中は3月中旬から4月上旬並みの暖かさになるでしょう。午後は天気がゆっくりと下り坂に向かい、あす22日(金)から週末にかけて曇りや雨のぐずついた天気になる見込みです。

日中は春のような暖かさ

きょう21日(木)は高気圧の中心が九州の東へ移り、暖かい南よりの風が吹きやすくなるでしょう。九州は昼前後まで晴れる所が多く、最高気温は17度前後と、日中は3月中旬から4月上旬並みと春のような暖かさになる見込みです。午後は次第に雲が広がり、天気はゆっくりと下り坂に向かい、夜遅くに雨が降り出す所があるでしょう。

寒さゆるむが、週末にかけて天気ぐずつく

画像B

あす22日(金)は前線が九州北部付近へ延びてくるため、九州北部は夕方ごろまで雨が降る所があるでしょう。九州南部も雲に覆われて一時雨が降る所がある見込みです。
23日(土)は、いったん天気は小康状態になりますが、夜は九州の広い範囲で雨が降りだすでしょう。そして、24日(日)は低気圧が九州付近へ進んでくるため、九州各地で午前中は雨が降り、まとまった雨量になる見込みです。
週末にかけて、朝の冷え込みも弱くなり気温は平年より高くなりますが、この時季としてはめずらしく春を先駆けたようなぐずついた天気になります。洗濯物は乾きにくくなりそうです。
来週25日(月)以降は、各地でまた日差しが戻るでしょう。