この先の1週間は、低気圧や前線と高気圧とが3日から4日くらいの周期で通過し、雨や雪が降る日と晴れる日が交互に現れる予想。年明け以来、たびたび強い寒気に覆われていましたが、来週にかけては平年並みか高い日が続きそう。

週末 雨や雪の降る所が多い

あす23日(土)は、沖縄と九州から近畿を中心に雨が降るでしょう。沖縄では、強い雨や雷雨に、ご注意ください。あさって24日(日)は、東海から関東を中心に雨が降り、ミゾレや雪になる所がある見込みです。
雨を降らせるのは、沖縄では、沖縄周辺で活動が活発になっている前線と低気圧、九州から関東では、本州の南にのびる別の前線と低気圧です。
いずれも降水量や降雪量が多く、大雨や大雪になるおそれがありますので、地元気象台からの気象情報やtenki.jpの日直予報士に、ご注意ください。

月曜日から 天気は周期的に変化

tenki.jpの2週間天気によると
25日(月)は、関東甲信で雨や雪の残る所がありますが、天気は回復して晴れる所が多くなるでしょう。北海道や東北では冬型の気圧配置になりますが、寒気は弱く雪や雨の降る範囲は狭く、強さも限定的でしょう。沖縄から東海や関東を中心に晴れる所が多いでしょう。
26日(火)は、北海道に低気圧が近づき、南にのびる前線が、日本海から中国地方や九州に近づく予想です。北海道で雪、中国地方や九州で雨が降る見込みです。
27日(水)は、気圧の谷の影響で北海道と北陸から近畿を中心に雪や雨が降る見込みです。
28日(木)は、本州の南を低気圧と前線が東に移動する見込みで、四国から東北南部を中心に雨や雪が降るでしょう。
29日(金)は冬型の気圧配置になり、この時期本来の強さの寒気が流れ込む見込みです。日本海側を中心に雪や雨が降りますが、太平洋側は晴れる所が多くなるでしょう。
沖縄と奄美は、高気圧に覆われて晴れる日が続きますが、28日(木)から29日(金)ごろには低気圧や前線の影響で雲が広がり、雨が降りやすいでしょう。