メイン画像

週末は前線や南岸低気圧の影響で全国的に雨や雪。関東甲信は大雪となる恐れも。平野部でも雪が降り、さらに東京23区でも今季初の「積雪」となる可能性があります。路面凍結や着雪による交通への影響にも十分注意して下さい。

週末は前線と南岸低気圧の影響大 関東は大雪の恐れも

画像A

この週末は、東日本、西日本を中心に前線や低気圧の影響を受けて、雨や雪の降る所が多いでしょう。特に注意すべきは関東甲信地方で、関東の南の海上を、いわゆる「南岸低気圧」が発達しながら通過するため、23日(土)から24日(日)にかけて、大雪となる可能性があります。

【関東甲信】雪の降る時間帯 ピークは24日(日)明け方から朝

23日(土)、関東南部では昼前から、北部も夕方には雨か雪が降り出すでしょう。北部山沿いや甲信地方では、降り始めから雪となる見込みです。雨が降っている地域でも、夜遅い時間になるにつれみぞれや雪へと変わる所が増えて、24日(日)未明には、関東南部の平野でもみぞれや雪が降る可能性があります。
なお、雪のピークは、24日(日)明け方から朝にかけての予想です。

【関東甲信】雪の量 東京都心も5センチ程度の降雪量 積雪の恐れも

画像C

各地の予想される降雪量(23日午後6時〜24日午後6時まで24時間)は、甲信地方で最大40センチ、関東北部や箱根・多摩・秩父地方で最大20センチ、関東北部・南部の平野部で最大10センチ、東京23区で最大5センチです。
なお、これらは「降雪量」であって、「積もる量」ではありません。実際に交通などへの影響が出てくるのは「積雪量」となるわけですが、最新の予報では、東京都心でも1〜2センチ程度の積雪があると予想しています。
また、予想より降水量が多くなったり、気温が低くなったりした場合は、降雪量がさらに多くなる恐れもあります。
引き続き、気象情報や交通情報をこまめに確認するようにして下さい。

【関東甲信】路面凍結や着雪に厳重注意

画像D

今回の雪により、路面が凍結するなどして、道路や鉄道などの交通にも影響が出る恐れもあります。
あまり雪に慣れていない関東地方南部を中心に、影響が大きくなることも予想されますので、外出や車の運転は控えることも検討しましょう。

画像E

やむを得ず外出や運転をする場合は、しっかりと準備の上、時間に余裕を持った行動を心がけましょう。
また、北東風が強まるため、電線や樹木への着雪などにも十分に注意しましょう。

【全国】前線や低気圧の影響で広く雨の週末に

画像F

明日23日(土)は、沖縄と九州から関東を中心に雨が降るでしょう。沖縄では午前中まで、強い雨や雷雨に注意して下さい。九州から近畿は断続的に雨が降り、東海も昼頃から雨か雪が降るでしょう。東北と北海道は晴れる所が多い見込みです。
24日(日)は、沖縄は天気が回復するでしょう。九州から近畿では、西から次第に雨が止む見込みです。東海は雨が降ったり止んだりで、東北は雲が多いでしょう。北海道は雲の出る時間帯もありますが、晴れる所が多い見込みです。