30日(土)にかけて冬の嵐に。日本海側を中心に大雪や猛吹雪に警戒が必要です。週明けも広く雨や雪が降り、短い周期で天気が変わるでしょう。

日本海側 荒れた天気に

画像A

あす29日(金)にかけて急速に発達する低気圧が、北海道付近を進む見込みです。全国的に風が強まり、暴風や高波に警戒が必要です。何かにつかまらないと立っていられないほどの風で、通常の速度では車の運転が困難になる所も。
また平地で大雪をもたらすような強い寒気(上空1500メートル付近でー12度以下)が、九州北部付近まで流れ込みます。九州から北海道の日本海側は広く雪が降り、平野部も含めて大雪に警戒して下さい。太平洋側も内陸や山沿いを中心に雪が降るでしょう。猛吹雪や吹きだまりで見通しがきかなくなることもありそうです。海上は大しけとなるため、高波に警戒して下さい。

土曜日 日本海側は雪

画像B

30日(土)は冬型の気圧配置が続き、北陸や東北と北海道の日本海側を中心に雪が降るでしょう。太平洋側は晴れますが、厳しい寒さが続きそうです。真冬らしい寒さで、冷たい風が吹きつけるでしょう。
31日(日)になると雪の降り方は弱まってきますが、山沿いを中心にさらに雪が積もりそうです。雪どけが進んでいる所もあるため、なだれや屋根から落ちる雪などに注意して下さい。

短い周期で天気が変わる

来週も短い周期で天気が変わるでしょう。2月のスタートは天気が下り坂。今年の節分は、124年ぶりに2月2日となりますが、広い範囲で雨や雪が降りそうです。いったん寒さが和らいで、九州から関東では最高気温が15度くらいまで上がる所もあるでしょう。
この先も気温は乱高下しそうです。服装でうまく調節して、体調を崩さないようにして下さい。