29日から30日にかけて、発達した低気圧や寒気の影響で、北海道から北陸にかけて、雪が降っています。盛岡市では30日午前1時に積雪の深さが51センチになりました。盛岡市で50センチ以上になるのは10年ぶりです。

盛岡市の積雪50センチ 積雪は1日で50センチ増の所も

29日は、日本海北部を低気圧が東へ進み、30日は北海道を通過しています。低気圧は、大陸から強い寒気を引き込んでおり、北海道から北陸を中心に雪が降っています。
盛岡市では、30日午前1時に積雪の深さは、51センチになりました。盛岡市で50センチ以上になるのは、2011年1月13日以来、10年ぶりです。北海道網走地方の紋別市では、30日午前11時で71センチ、岩手県雫石町では、30日正午で88センチと、いずれも統計開始以来、1月の1位の記録を更新しました。
積雪の深さは、
福島県檜枝岐村で29日正午109センチ→30日正午189センチ
新潟県津南町で29日正午177センチ→30日正午233センチ
湯沢町で29日正午131センチ→30日正午185センチ
群馬県みなかみ町藤原で29日正午131センチ→30日正午182センチ
で、いずれも24時間で積雪が50センチ以上増えました。

31日にかけても大雪に警戒

31日にかけて、北海道から北陸、甲信、関東北部では、さらに積雪が増える所があるでしょう。31日6時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、北海道地方、東北地方、関東甲信地方、北陸地方40センチです。大雪による交通への影響に警戒して下さい。路面の凍結、なだれ、電線への着雪による停電などにも注意が必要です。