あす2日(節分)から3日(立春)は、全国的に北よりの風が吹き、北陸以北は雪や吹雪に。その先、天気や気温が短い周期で変化。

あす2日〜3日 冬の天気分布 北海道や東北、北陸は雪・風が強まる

画像A

きょう1日は、前線や低気圧が日本付近を通過。あす2日(火:節分)は冬型の気圧配置が次第に強まり、3日(水:立春)まで続きます。
北海道から東北(日本海側中心)と、北陸にかけて、あす2日は朝から気温が下がり続ける所がほとんどです。降るものは、初めは多くの所で雨ですが、次第に雪になるでしょう。車の運転は、路面状況の変化に十分な注意が必要です。雪の降り方が強まり、急に積雪の増える所もあるでしょう。沿岸部を中心に、歩くのが大変なほどの強い風が吹き、ふぶいて見通しが悪くなるおそれがあります。3日も断続的に雪が降り、ふぶく所があるでしょう。
近畿北部と山陰は、山沿いは雪が降ったりやんだりとなりそうです。平地は雨の時間が長いでしょう。ただ、3日の朝晩は雪がまじりそうです。
関東以西の太平洋側や九州、沖縄にかけては、多くの所で晴れますが、2日夕方から3日にかけては広い範囲で北風が吹いて、寒くなりそうです。

低気圧や前線が次々に通過

画像B

4日(木)から〜6日(土)は、低気圧や前線が次々に通っていきます。日本海側を中心に雨や雪の降ることがあるでしょう。南から暖かな空気が流れ込んでくるため、気温は全国的に平年より高めに転じて、特に6日の日中はグンと上昇。関東以西は15度前後の所が多く、3月から4月並みに。北陸や東北は降るものが雨となり、北海道もプラスの気温の所が多くなりそうです。
7日(日)〜8日(月)は、北から寒気が流れ込んできます。北海道や東北、北陸は、再び雪の範囲が広がり、晴れる関東以西も気温が下がってくるでしょう。
気温の変動が大きい時期です。体調を崩さないよう、お気を付けください。