きょうは、中国地方の上空1500m付近に3℃前後と、4月上旬から中旬並みの暖かな空気が流れ込む見込みです。日差しによる暖かさはありませんが、南風の吹くところでは大きく気温が上がるでしょう。
しかし、この暖かさもあすの朝までで、日中はほとんど気温が上がらない見込みです。
西寄りの風もやや強く吹き、午後は冬の寒さが戻るでしょう。これからあすにかけて、気温の変化にご注意ください。

きょう 次第に南風強まる 雨脚の強まるところも

画像A

中国地方には前線が近づいており、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいます。
今夜にかけて、前線に向かって流れ込む暖かく湿った空気の影響で、次第に雨の降るところが多くなるでしょう。
夕方からは、南西斜面など雨脚の強まるところもある見込みです。
大気の状態が不安定になり、山口県を中心に雷を伴うおそれもあります。
また、沿岸部などでは南寄りの風が強まり、横なぐりの雨になるところもあるでしょう。

あす 再び寒さが戻る 山陰は雪が降るところも

画像B

あすは低気圧や前線が日本の東へ遠ざかり、次第に縦じま模様の冬型の気圧配置に変わる見込みです。朝までは上空にこの時季としては暖かな空気が残りますが、午後は真冬並みの強い寒気が流れ込むでしょう。
山陽の南部は晴れ間が出ますが、山陰と山陽の北部では雲が多く、鳥取県を中心に雪の降るところもある見込みです。
朝の気温は3月から4月並みで、冷え込みはないでしょう。しかし、日中は気温がほとんど上がらず、西寄りの風もやや強く吹いて、次第に寒くなる見込みです。