1日の日中は西日本と北陸を中心に気温が上がり、3月から4月並みの最高気温となった所も。この先、2日は日中の気温に注意、また週末の気温のアップダウンにも注意が必要です。

1日 南風で気温上昇 九州や四国で4月並みの暖かさも

今日1日、南よりの風が日本付近に暖かい空気をもたらしているため、西日本と北陸を中心に、日中はこの時季としてはかなり気温が高くなった所が多くなりました。
各地の午後3時までの最高気温は、金沢市12.7℃(3月下旬並)、大阪市14.1℃(3月中旬並)、福岡市15.7℃(3月下旬並)でした。さらに、徳島市は17.0℃で4月上旬並み、大分市では19.5℃と4月中旬並みの暖かさとなりました。

2日は日中の気温に、週末は気温のアップダウンに注意

画像B

明日2日(火)の節分は、最高気温は平年より3度以上高い所が多いでしょう。ただし、注意したいのが、最高気温が出るのは朝または昼前であるという点です。明日はこの時季としては暖かい朝となる所が多い見込みですが、次第に冬型の気圧配置へと変わるため、日中は気温が下がり続ける所が多いでしょう。
3日(水)は、冬型の気圧配置が続いて、北日本を中心にグッと気温が低くなりそうです。関東から九州・沖縄にかけても、最高気温は平年並みの所が多いですが、北風が吹いて体感はより寒く感じられるでしょう。
その後、週末6日(土)は、南から暖かな空気が流れ込んでくるため、最高気温は全国的に平年より高くなる所が多い見込みです。
週明け8日(月)は、北から寒気が流れ込んでくるため、北日本を中心にグッと寒くなり、全国的に寒の戻りとなりそうです。