2日から3日かけて、北海道から北陸は雪や雨で、北海道日本海側を中心に大雪や猛吹雪の可能性も。まもなく迎える立春は、「冬」が優勢となりそうです。

節分〜立春は「冬」が優勢 冬型の気圧配置強まる

画像A

明後日3日(水)は立春ですが、季節の境目となる2日(火・節分)から3日(水・立春)にかけては、冬の天気が優勢となる見込みです。
寒冷前線が通過した後、日本付近では冬型の気圧配置が強まって、日本列島の上空には寒気が流れ込む見込みです。このため、北海道の日本海側を中心に、再び大荒れとなる可能性があります。

北海道の日本海側を中心に暴風・大雪のおそれ

先週末も、北海道浦河町で24時間の降雪量が36センチを観測し、また最大瞬間風速が北海道の奥尻町で32.6メートル、宮城県登米市で26.0メートルを観測し、いずれも1月の観測記録1位を更新するなど、北日本を中心に大雪や暴風に見舞われた地域がありました。

画像C

2日(火)から3日(水)にかけては、再び北海道の日本海側を中心に雪や風が強まり、東北や北陸でも雪や雨が降るでしょう。
北海道日本海側の陸上では、2日(火)に最大風速18メートル、最大瞬間風速30メートル、3日(水)は最大風速15〜19メートル、最大瞬間風速20〜30メートルの予想です。
また、1日午後6時から2日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、北海道日本海側の多いところで40センチの見込みです。
猛吹雪や吹きだまり、大雪による交通障害に警戒して下さい。
東北の日本海側や北陸でも、2日(火)夜から3日(水)にかけて、雪の降り方が強まる時間帯もあるでしょう。ご注意ください。

明後日3日は立春 冬型はいつまで?春はまだ?

画像D

今回の冬型の気圧配置も長続きはせず、3日(水)の夜には徐々に緩み始めるでしょう。
4日(木)以降、低気圧や前線が日本付近を次々と通過して、冬型が強まったり弱まったりを繰り返す見通しですが、大雪や暴風雪のおそれは少ない見込みです。
週末になると、最高気温は北海道から沖縄にかけて全国的に平年よりも高くなる所が多く、少しずつ季節が春へと向かっていることを感じられそうです。